記事のカテゴリー

実際の収納ケースの容量は?スノーピークの【フィールド着火剤】レビュー

スノーピークのフィールド着火剤レビュー

にんじん

デイキャンプをパートナーさんと楽しみながら、スノーピークのキャンプ道具や最新情報をブログ記事にしています。 スノーピーク好き、デイキャンプ好きの方に、特に役立つ情報を発信しようと日々頑張っています! レザークラフトも趣味で行っています。売れるグッズを作ろうと日々模索中。

2021年スノーピークの最新アイテム「フィールド着火剤」が発売されたので早速レビューしてみます!50個の着火剤が付属してくるだけでなく、専用の収納ケースがスノーピークのロゴ入りでおしゃれで可愛らしい!公式では収納ケースには10個着火剤が入るようですが、果たして本当なのか!?実際に入れてみました!

この記事では、

着火剤の収納ケースの使い勝手は実際どうなの?
着火剤1個のサイズはどれくらい?

といった疑問にメインにお答えしています。

2021年10月に発売されたスノーピークの「フィールド着火剤」には、着火剤50個と専用の収納ケースが付属してきます。

フィールド着火剤の発売前事前情報をまとめた記事はこちらです。

こちらもCHECK

スノーピークのフィールド着火剤
使うのが勿体無いくらいおしゃれ!snow peak フィールド着火剤

10月23日に発売予定の鉄板焼 エンバーナーと同じく発売となるスノーピークの着火剤。2021年最新カタログにも掲載されていなかった新アイテムで、使うのが勿体無いほどおしゃれで可愛らしいデザインとなって ...

続きを見る

結論から申し上げますと、

ポイント

  • 収納ケースに着火剤は10個入らない!

ということがわかりました。

「10個入らない」とは、10個着火剤を入れるとフタがしっかりと閉まらなくなり、不安定になるという意味です。

着火剤を10個収納ケースに入れること自体はできますが、フタが閉まらないと安心して持ち運びできないので、今回の結論としては着火剤10個は入らないという結論でした。

では、どれくらい着火剤は入るのか?購入は控えた方が良いのか?といった疑問が浮かんでくるかと思います。

今回は、そんなフィールド着火剤の実際の使い勝手をご紹介します!

なお、この記事を書いている現在、キャンプ場でフィールド着火剤を使用していないため、どのくらい火がもつかについてはわかりません。その辺りはご容赦いただけると嬉しいです。

広告

アウトドアレジャーの予約なら割引のある日本最大級のレジャー総合情報サイト「asoview!(アソビュー)」 がおすすめ!

収納ケースに着火剤10個が入るって本当!?

収納ケースの蓋にあるロゴ

まずは気になる収納ケースの収納力からご紹介します。

フィールド着火剤には、写真のようなスノーピークのロゴ入りの収納ケースが付属してきます。

スチール製のしっかりした作りで、フタを閉めると空気を押し込むようなぴったりと収まるような作りになっています。

収納ケースの内部

収納ケースの内部は、仕切りもなくシンプルな作りとなっています。

収納ケースの蓋

フタの開け閉めはネジ式でもなく、ボタン等もないため、単に上から被せるような形になっていました。

スチール製のしっかりした作りなので、この収納ケース欲しさにフィールド着火剤を購入したといっても過言ではありません!w

着火剤を10個入れた写真

実際に着火剤を10個収納ケースに入れた時の写真がこちらです。

高さを考えると、着火剤を写真のように縦に入れると収納ケース本体の高さよりも高いため、収まりきれていません。

着火剤を10個入れた写真

同じ状態で上から撮った写真がこちらです。

見にくいですが、着火剤を10個入れるとこんな感じになりました。

頑張ればもう1,2個は本体のスペース的には入りそうですが、かなりパンパンです。

10個入れるとフタが閉まらない

そして、着火剤10個を収納ケースに入れた状態で蓋をしたのがこちらの写真です。

収納ケース本体よりも着火剤の高さが高いため、写真のようにフタがしっかりとは収まりきれていません。

ギガパワーガス250との比較

着火剤を入れずにフタを閉めると写真のようになります。

しっかりとフタを閉めると、ギガパワーガス250の半分程度の高さになります。

スノーピークのフィールド着火剤レビュー

フタがネジ式だったりフック等がついていれば、多少フタが膨らんでいてもしっかりと閉めることはできると思いますが、フィールド着火剤のフタは上から被せるだけの構造です。

そのため、移動中にフタが開くのを防ぐために、別にバンドを用意すると良いかと思います。

ちなみに、着火剤を縦にするから入らないため、寝かせて収納してみたところ、フタがしっかりと閉められる着火剤の個数は5,6個でした。

着火剤は真っ平という訳ではなく、1つ1つ若干波をうつような形状のため、着火剤によって入れられる個数は変わってきます。

収納力はあまり高くないので買うべきではない!?

スノーピークのフィールド着火剤レビュー

ネガティブな情報からご紹介しましたが、結論としては購入して良かったと思っています!

ここからは、購入すべきポイントや、フィールド着火剤の仕様についてご紹介します!

1度のキャンプに使う分にはちょうど良い収納力

収納ケースの蓋にあるロゴ

着火剤5,6個の収納力はどうなの?と思う方もいらっしゃる方かと思いますが、1度に使用する着火剤の個数から考えると、ちょうど良いサイズなのではと思います。

フィールド着火剤の収納ケースのサイズは、直径9cm、高さ4.5cmで、重さは約60gとなっています。

フィールド着火剤の1回の使用量は、2個までとなっています。(説明書に記載あり)

これ以上入れると炎が大きくなりすぎる可能性があり、安全面を考えると2個までとなっているようです。

そう考えると、収納ケースに6個着火剤を入れれたば、約3回は焚き火での着火に使用できる計算となります。

キャンプでは、1日目と2日目に1回ずつ焚き火をすると考えると、着火剤は4個あれば良い計算となるため、収納ケースは1泊キャンプにはちょうど良いサイズ感かと思います。

収納ケースのサイズがあまり大きいと、むしろ収納や持ち運びの邪魔になってしまいます。

ギリギリちょうど良いサイズがこのサイズなのではと思います。

缶の質感は高い!これだけでも購入した甲斐あり!

収納ケースの蓋

缶のサイズは一泊キャンプに使う着火剤を保管しておく分には問題ないサイズですが、オールスチール製の収納ケースは、見た目がかなり綺麗です。

触るとツルツルでひんやりとしているので、高級感もあります。

着火剤は付属してきますが、今まで使ってきた着火剤を入れても良いですし、使い方は着火剤の収納に限りません!

着火剤は封を開けずにそのまま投入!手が汚れない!

着火剤まとめ

付属してくる50個の着火剤も使い勝手が高められています。

今まで私が使用していた着火剤は、ケースから取り出す際にボロボロになって着火剤のカスが地面に落ちたり、手が汚れたりしていました。

フィールド着火剤の着火剤は、小袋のまま焚き火に投入することができるので、手が汚れたり、周囲が汚れる心配がありません!

着火剤の小袋

着火剤も小さいため、焚火台Sをはじめ、ソロキャンプ用の焚火台にも問題なく使用できると思います。

また、スノーピークのロゴ入りなので、着火剤もおしゃれにデザインされています。

特に焚き火初心者の方におすすめ!トーチやブロワーも!

フィールド着火剤の外箱

収納ケースのサイズも1泊キャンプにちょうど良く、着火剤は袋のまま投入できる簡単さから、焚き火初心者の方に特におすすめの着火剤です!

また、スチール製の収納ケースは質感が高いため、スノーピーカーのみならずともおすすめの小物ケースです!

焚き火の火付けにフィールドブロワを使う

さらに、スノーピークからは焚き火をより快適に、簡単に楽しめるアイテムが豊富に販売されています。

特に、勢いよく火を放出して薪への着火を早めてくれる「フォールディングトーチ」や、強力な風を薪や炭に当てることで、燃焼効率や着火時間を早めてくれる「フィールドブロワ」はおすすめのキャンプ道具です。

フィールドブロワのレビュー記事はこちらです。

時間の限られたデイキャンプでも特におすすめです。

こちらもCHECK

フィールドブロワで簡単火付け
焚き火の火付けが圧倒的に楽になる!スノーピークのフィールドブロワレビュー

先日購入したスノーピークの「フィールドブロワ」をデイキャンプで使ってみました。掃除道具として使うのはもちろんですが、焚き火の火付けにブロワから排気される風を利用したところ、あっという間に巻や炭に火付け ...

続きを見る

フィールドブロワのコンパクトな外観
参考スノーピーク「フィールドブロワ」の購入前に知っておくべきポイント

2021年スノーピーク最新カタログに掲載されている新しいキャンプ道具「フィールドブロワ」が発売されました。早速購入してみたのでレビューします。以前から発売されているマキタのOEM製品「フィールドファン ...

続きを見る

今回ご紹介したキャンプ道具はこちらです↓(横にスクロールできます)

 
 
 

現在ハンドメイドアイテムのECサイトCreemaで「Ninjin Leather Factory」のもと発売中です。

よろしければこちらものぞいてみてください!

Creemaで探す!

Twitterをチェック!

インスタをチェック!

スノーピーク公式サイトはこちら↓

Amazonのスノーピーク専用サイトはこちら↓

スノーピーク公式サイトはこちら↓

Amazonのスノーピーク専用サイトはこちら↓

広告

リーズナブルながら高品質のオリジナルブランド「Hilander」をはじめ、多くの釣り用品とキャンプ道具を取り揃えるアウトドア用品とフィッシング用品の専門店 【アウトドア&スポーツ ナチュラム 】

 

  • この記事を書いた人

にんじん

デイキャンプをパートナーさんと楽しみながら、スノーピークのキャンプ道具や最新情報をブログ記事にしています。 スノーピーク好き、デイキャンプ好きの方に、特に役立つ情報を発信しようと日々頑張っています! レザークラフトも趣味で行っています。売れるグッズを作ろうと日々模索中。

Copyright ©スノーピークが好き , All Rights Reserved.