記事のカテゴリー

シェルフコンテナの雰囲気を一新!バリスティクスのシェルコンレッグ

シェルコンレッグをつけた状態でもスタッキング可能

にんじん

デイキャンプをパートナーさんと楽しみながら、スノーピークのキャンプ道具や最新情報をブログ記事にしています。 スノーピーク好き、デイキャンプ好きの方に、特に役立つ情報を発信しようと日々頑張っています! レザークラフトも趣味で行っています。売れるグッズを作ろうと日々模索中。

バリスティクスの「シェルコンレッグ 25用/50用」があれば、収納したキャンプ道具を取り出しやすくなったり、地面が濡れていてもシェルコンを濡らさずに設置できるので、急な雨でも安心です!

この記事では、

シェルコンのオプションパーツってあるの?
シェルコンレッグの装着には専用の工具がいるの?

といった疑問にメインにお答えしています。

スノーピークの収納ケースといえば、大人気の「シェルフコンテナ 25/50」ですが、純正ではオプションパーツがなく、さまざまなメーカーから多くのパーツが販売されています。

今回ご紹介するBallistics(バリスティクス)の「シェルコンレッグ 25用/50用」は、シェルフコンテナの底部に装着することにより、約10cmほど地面から高い位置にシェルフコンテナを保つことができます。

これにより、

ポイント

  • 収納したキャンプギアが取り出しやすくなる!
  • 濡れた地面においてもシェルコンに入れたキャンプギアが濡れない!
  • 脚は折り畳むことができるので収納の邪魔になりにくい!

といったメリットがあります。

デザインとしても、アルミパイプをが使用されていて、シェルフコンテナの無骨感はそのままに、使い勝手を高めてくれます。

カラーは3種類あるので、好みに合わせて選ぶことができます。

装着には多少コツが必要なため、必要な工具等もまとめてご紹介します!

広告

アウトドアレジャーの予約なら割引のある日本最大級のレジャー総合情報サイト「asoview!(アソビュー)」 がおすすめ!

シェルコンレッグを装着した際のメリット

メリット①収納したものを取り出しやすくなる

シェルコンレッグを装着した写真

出典:Ballistics公式サイト

シェルコンレッグは、シェルフコンテナ25と50それぞれに合わせて選ぶことができます。

どちらもアルミ製のパイプガ使用されているので、シェルフコンテナの強固で無骨な印象とマッチします!

シェルコンレッグを装着すると写真のように、シェルフコンテナを地面から離して設置することが可能になります。

10cm高く設置できる

出典:Ballistics公式サイト

シェルフコンテナ25用と50用も、それぞれ装着すると地面から約10cmほど高い位置にシェルフコンテナを設置できます。

シェルフコンテナ自体が、25でも3.6kg、50の場合5.5kgとかなりの重量があります。

これに加えてキャンプギアを収納しておくと10kg前後にはなるかと思います。

シェルフコンテナをテーブル等の上に置苦ことは大変なので、シェルフコンテナ自体に脚パーツがあることで、ちょうど良い高さに簡単に設置することができ、シェルフコンテナ内に収納したキャンプギアを腰をあまり曲げずに出し入れすることが可能になります。

重いものを持ち運ぶ際も、腰を曲げる角度が多少キツくなくなるだけでもありがたいかと思います。

メリット②天板を乗せればローテーブルとしても使いやすい

フタがないので物の出し入れはしやすい

天板がついていないシェルフコンテナですが、その分サードパーティーのものや自作される方もいらっしゃいます。

シェルコンレッグをつけていないと、シェルコンの高さが25で約21cm、50でも27cmなので、ローテーブルとしても少し低めだったため、ローチェアとの組み合わせでも少し使いづらい印象でした。

しかし、シェルコンレッグをつけることで、10cmほど高さが増します!

シェルフコンテナ25では約30cm、50なら約40cmになります。

天板の高さが40cmほどあれば、多くのローテーブルと組み合わせても使いやすくなるかと思います。

上の写真は、ローチェア30(シートの高さ30cm)に、IGTスリム(テーブル天板の高さ40cm)を組み合わせた際のサイズ感です。

テーブルとしても使いやすい高さになるので、シェルコンレッグをシェルフコンテナ50につけた際のおすすめチェアの座面高さは、約30cmのものを選ぶと良いかと思います。

Amazonでローチェアを探したい方はこちらから検索して見てください!↓(Amazonでローチェアをまとめたページにジャンプします。)

Amazonでローチェアを探す!

メリット③地面が濡れていてもシェルコンが汚れない

収納したギアが濡れない

シェルフコンテナは名前のとおり、コンテナとしてはもちろん、変形することでシェルフとしても使えることが特徴の収納ケースです。

シェルフコンテナ底部中央の隙間
コンテナ本体に隙間がある

しかし、この変形をするために、写真のようにシェルフコンテナ底部中央部や側面に若干の隙間があります。

特に濡れた地面にそのまま置いたり、雨が降っている状態で地面にそのままシェルフコンテナを設置することはおすすめできませんでした。

そんな問題も解決してくれるのがシェルコンレッグです!

地面から離して設置できる

出典:Ballistics公式サイト

地面から10cmの高さにシェルフコンテナを設置できるため、地面が濡れていてもコンテナ内のキャンプギア等を濡らす心配がありません。

シェルコンレッグを装着してもスタッキング可能

脚は折りたたんで収納できる
シェルコンレッグをつけた状態でもスタッキング可能

出典:Ballistics公式サイト

また、シェルフコンテナは、コンテナの状態でもシェルフの状態でも3個までスタッキングすることが可能なことも特徴の1つです。

そんな特徴を犯すことがないよう、シェル今レッグをつけた状態でもスタッキングができるようになっています。

写真のように、脚として使用しないときは、シェルフコンテナに沿うように収納させておくことができます。

複数個シェルフコンテナをお持ちの方も、安心してシェルコンレッグを取り付けておくことができます。

取付けは慎重に!

気になる取付け方法ですが、実際に取り付けたかとのレビューを見てみると、

工具は必要ですが、取り付けは問題ありませんでした。
部品の納まりはまあまあで、干渉やはめにくさはありませんでした。

といったレビューがありました。

シェルコンレッグの取り付けに工具は必要ですが、取付けはそこまで難しくなさそうです。

しかし、一方でバリスティクス公式サイトを見てみると、

  • 「DIY慣れされた方向けの製品」となっている
  • ネジ穴位置やクリアランスを多少調整や追加工しいただく可能性がある

といった文言もありました。

実際に公式サイトでアップされている取付け動画を確認してみましたが、プラスドライバーさえあれば取り付けはできそうでした。

気になる方はバリスティクス公式オンラインショップのシェルコンレッグ説明欄にある動画を参考にしてみてください。

ただし、スノーピーク純正品ではないですが、パーツのと接合性は高そうですが、場合によっては工具等で加工する必要があるようです。

シェルコンの使い勝手をさらに高める便利アイテム!

シェルコンレッグを装着した写真

出典:Ballistics公式サイト

シェルフコンテナは、その名のとおり収納としてのコンテナの役割だけでなく、変形することでキャンプギアの出し入れがしやすいシェルフとしても使用できる便利なキャンプ道具です。

そんなシェルフコンテナの痒いとロコに手が届くアイテムが、今回ご紹介したシェルコンレッグかと思います。

人気アイテムのため、バリスティクスをはじめ、多くのECサイトで在庫切れになっていることが多いので、見つけたら即購入が鉄則です!

今回ご紹介したいキャンプ道具はこちら↓(横にスクロールできます)

 
 
 

現在ハンドメイドアイテムのECサイトCreemaで「Ninjin Leather Factory」のもと発売中です。

よろしければこちらものぞいてみてください!

Creemaで探す!

Twitterをチェック!

インスタをチェック!

スノーピーク公式サイトはこちら↓

Amazonのスノーピーク専用サイトはこちら↓

広告

リーズナブルながら高品質のオリジナルブランド「Hilander」をはじめ、多くの釣り用品とキャンプ道具を取り揃えるアウトドア用品とフィッシング用品の専門店 【アウトドア&スポーツ ナチュラム 】

 

  • この記事を書いた人

にんじん

デイキャンプをパートナーさんと楽しみながら、スノーピークのキャンプ道具や最新情報をブログ記事にしています。 スノーピーク好き、デイキャンプ好きの方に、特に役立つ情報を発信しようと日々頑張っています! レザークラフトも趣味で行っています。売れるグッズを作ろうと日々模索中。

Copyright ©スノーピークが好き , All Rights Reserved.