記事のカテゴリー

Amazon限定スノーピークローチェア30はカラーの違いだけじゃない!?違いを解説

メッシュローチェア30 リッチブラックの特徴

にんじん

デイキャンプをパートナーさんと楽しみながら、スノーピークのキャンプ道具や最新情報をブログ記事にしています。 スノーピーク好き、デイキャンプ好きの方に、特に役立つ情報を発信しようと日々頑張っています! レザークラフトも趣味で行っています。売れるグッズを作ろうと日々模索中。

スノーピークのローチェアの中でも、しっかりした座面と背もたれが大きいためにキャンプや自宅でも使いやすいことで人気の「ローチェア30」に、Amazon限定の「メッシュローチェア30 リッチブラック」が発売されます。通常盤との違いや、通常盤の使い心地を改めてご紹介します!

この記事では、

ローチェア30は使いやすい?
通常盤との違いは?

といった疑問にメインにお答えしています。

以前より販売されているsnow peak(スノーピーク)のローチェアの1つ「ローチェア30」に、Amazon限定の座面と背もたれにメッシュ生地を使用した夏場やマリンレジャーでの使い勝手を高めた「メッシュローチェア30 リッチブラック」が発売されます!

メッシュチェアはスノーピークでも発売されていましたが、背もたれの大きなローチェア30のメッシュバージョンが購入できるのは、アマゾンだけです!

私は通常盤のローチェア30を購入し、実際に使用してみたので、

  • ローチェア30の使用感
  • メッシュローチェア30 リッチブラックの特徴
  • メッシュ生地を使用したスノーピークチェアのご紹介
  • Amazon限定スノーピークアイテム

をまとめてご紹介します。

メッシュローチェア30 リッチブラックがAmazon限定で販売

出典:Amazon

Amazonで探す!

広告

アウトドアレジャーの予約なら割引のある日本最大級のレジャー総合情報サイト「asoview!(アソビュー)」 がおすすめ!

ローチェア30は背もたれが大きく使いやすい

ローチェア30の前方の脚

まずは、通常盤のローチェア30のご紹介です。

ローチェア30は、座面の高さが30cmのいわゆるローチェアに分類されるキャンプチェアです。

ローチェア30折り畳み時の俯瞰写真

収納時は上の写真のようにコンパクトに折り畳むことができます。

シートを取り外さなくても収納・展開ができるため、設置や片付けに時間がかからないのも嬉しいポイントです。

ローチェア30の収納袋は小さい

ローチェア30には、専用の収納ケース(袋)が付属してくるので、持ち運びや収納時には便利です。しかし、気になる点もあるので、後ほどご紹介します。

ローチェア30の側面の写真

実際にローチェア30を広げてみたのが上の写真です。

広げた時のサイズは、58×65×86cmになります。

ローチェア30に座った時の写真

身長165cmの私が座って見ると上の写真のようになります。

サイズ感はちょうど良く、大きめの背もたれとアームレストにより、リラックスして座ることができます。

ローチェア30の座面
ローチェア30の背もたれと座面は一体になっている

通常盤のローチェア30のシートは、ポリエステル製のしっかりとした素材が使用されています。

張りがあり、座った時の沈み込みが少ないため、椅子から立ち上がることが想像以上に楽なことが特徴です。

キャンプでは意外と座ったり立ったりの動作が多いので、沈み込みのあるチェアはリラックスできる分立ち上がりにくいものが多いです。

そんな中でもローチェア30は、ローチェアでリラックスできるだけでなく、立ち上がりやすいのでどんな方にもおすすめです!

ローチェアの前にオットマンを置いた写真

ちなみに、スノーピークから販売されているローチェアには、ローチェア30の機能性はほとんど同じながら、背もたれを小さくして持ち運びしやすくなった「ローチェア ショート」もあります。

ローチェア30と比較して軽量コンパクトなので、特にキャンプで使いやすい一脚です。

オットマンに足を置いてみた

また、足を置いたり荷物や薪を置くのにちょうど良い、ローチェアと同等の高さの「ローチェア オットマン」があると、さらにリラックスすることができます。

ローチェア30のスペックはこちらです。

ローチェア30 カーキ

ローチェア30 カーキ

ローチェア30 ブラウン

ローチェア30 ブラウン

  • サイズ:58×65×86(h)cm
  • 重量:3.6kg
  • 収納サイズ:16×18×101(h)cm
  • セット内容:本体、収納ケース
  • 材質:フレーム/アルミニウム合金、肘掛け/竹集成材、金具/ステンレス、シート/ポリエステル 
 
 
 

ローチェア30の気になるところ

ローチェア30組立て時に広げる部分

ローチェア30には専用の収納ケースが付いてきます。

しかし、専用品とあってかぴったりサイズすぎて本体を入れにくいです。

ローチェア30には、スノーピーク純正のオプションパーツもいくつかありますが、本体と同時にそれらのオプションパーツを収納することも難しいです。

もう少しサイズに余裕があっても良かったかなと思います。結局は私は本体を収納ケースに入れず、そのまま車に積んで持ち運びしています。

ローチェアの詳細なレビューについては、こちらの記事にまとめていますので、参考にしてみてください↓

こちらもCHECK

ローチェア30に座った時の写真
【購入レビュー】美しいだけでなく立ち上がりやすいスノーピーク ローチェア30

ロースタイルキャンプとの相性抜群のスノーピーク「ローチェア30」は、組立ての手軽さとデザインだけが魅力ではありません。私が感じたのは、座った時の沈み込みが少ないことによる立ち上がりやすさです。意外と立 ...

続きを見る

ローチェアショートに関する記事はこちら↓

特にキャンプでガンガン使いたい方におすすめです。

参考【購入レビュー】コンパクトで立ち上がりやすいスノーピーク ローチェア ショート

ロースタイルキャンプにおすすめのローチェア、スノーピークの「ローチェア ショート」は、4本の脚に加え、背もたれにもフレームがあるので、安定感抜群です。また、ローチェア ショートのシートは、沈み込みが少 ...

続きを見る

アームレストは必須
参考【比較】スノーピークのローチェア選びで迷ってる方への本音

スノーピークの「ローチェア 30」と「ローチェア ショート」を購入したのでそれぞれの特徴と比較をしてみました。結論、座り心地をはじめ、6つの違いがありました。この違いを把握できれば、自ずと購入すべきロ ...

続きを見る

ローチェア30と、リラックスチェア「Take!チェアロング」で購入を迷っていらっしゃる方はこちらの記事を参考にしてみてください。実際に両方持っている私がその使用感も含めて違いをご紹介しています。

ローチェア30の前方の脚
参考【購入レビュー】ローチェア30とTake!チェアロングの違いを徹底解説

スノーピークから販売されている2種類のキャンプチェア「ローチェア30」と「Take!チェアロング」の違いを購入者目線でレビューします。それぞれのキャンプチェアの違いやおすすめの方をまとめています。 目 ...

続きを見る

ローチェアをキャンプだけでなく、自宅で使ってみた時の様子をまとめた記事はこちらです。使いやすいチェアなので、キャンプだけで使うのは勿体無い!

参考スノーピークのローチェアショートはベランピングでのワーケーションにおすすめ

暖かくなってきましたが、まだまだ外に出るのは心配という方におすすめなのが「ベランピング」です。そんなベランピングでの快適さに直結するイスでおすすめするのが、snow peak(スノーピーク)の「ローチ ...

続きを見る

ローチェアの購入時に併せて買いたいのがローチェアオットマンです。足を乗せるだけじゃなく、荷物置きや薪置きに重宝するので1つあるといつでも便利に使うことができます。

ローチェアオットマンは薪薪置きにもなる
参考足を乗せるだけじゃない!スノーピークローチェアオットマンの使い方まとめ

スノーピークの「ローチェアオットマン」は、生地がしっかりしているので足を乗せるだけでなく、薪置きにもなる便利なキャンプ道具です。また、オットマンは薪に限らずさっと組み立てられるので荷物置きにも便利です ...

続きを見る

広告

夏場の扇風機にも、冬場の電気毛布でも使える!防災用品のアフィリエイトなら、高単価ポータブル電源【PowerArQ】

メッシュローチェア30 リッチブラックの特徴

Amazon限定品まとめ
メッシュ生地

出典:Amazon

続いて今回発売となるAmazon限定販売の「メッシュローチェア30 リッチブラック」の特徴をご紹介します。

メッシュローチェア30 リッチブラックがAmazon限定で販売

出典:Amazon

最大の特徴は名前にもあるとおり、座面に「メッシュ生地」が使用されている点です。

夏場に長時間座っていても蒸れにくくなるだけでなく、濡れても乾きやすいため海辺での使用や川にそのまま入れてのんびり座って過ごしても、後の手入れが簡単なことも嬉しいポイントです。

メッシュローチェア30 リッチブラック正面
メッシュローチェア30 リッチブラック背面

出典:Amazon

また、通常盤ではフレームはアルミニウム合金そのもののカラーでしたが、メッシュローチェア30ではアルマイト加工されたブラックフレームになっています。

これにより、フレームのほとんどが黒色に統一され、メッシュ生地を使用していますが高級感のあるデザインになってます。

また、アームレストの竹集成材のカラーが強調されています。

メッシュローチェア30の発売日とスペック

メッシュローチェア30 リッチブラックのデザイン

出典:スノーピーク公式サイト

メッシュローチェア30 リッチブラックの発売日は、

  • 2021年9月17日(金)

となっています。また、8月20日から予約することができるようになっていますので、確実にゲットしたい方は予約購入がおすすめです。

メッシュローチェア30は、Amazonでのみ購入することができます。

Amazon専用サイトはこちらです↓

Amazonで探す!

また、メッシュローチェア30 リッチブラックのスペックは以下のとおりです。

  • サイズ:幅580mm×奥行650mm×高さ860mm
  • シートの高さ:300mm
  • 重量:3.6kg
  • 素材:フレーム アルミ合金(アルマイト加工)/アームレスト 竹集成材/金具 ステンレス/シート ポリエステル
  • 価格26,400円

メッシュ生地を使ったスノーピークアイテム

スノーピークからは、今回発売となるメッシュローチェア30以外にも、メッシュ生地を使用したチェアが発売さされています。

2021年に発売となった最新チェアなので、気になる方はチェックしてみてください!

メッシュFDチェア ブラック

メッシュFDチェア ブラックのデザイン

出典:Amazon

座面と背もたれをはじめ、アームrセウトにもメッシュ生地が使用されたコンパクトなチェアです。

シートの高さは460mmあるので、ダイニングテーブルとの組み合わせで使用しやすいキャンプチェアです。

メッシュFDチェア ブラックのスペック

  • サイズ:595×580×840(h)mm
  • シート高:460mm
  • 重量:3.1kg
  • 収納サイズ:580×110×690(h)mm
  • 材質:フレーム/アルミニウム合金、シート/ポリエステル、アームレスト/ウレタンフォーム

メッシュFDベンチ ブラック

メッシュFDベンチ ブラックのデザイン

出典:Amazon

折りたたみ可能なFDベンチも、メッシュ生地とフレームを含めたオールブラックのデザインにより、シックでどこでも使いやすいデザインになっています。

重量も2kgを切っているので持ち運びもしやすいことが特徴です。

シートの高さがメッシュFDチェアと比較して10cm低いので、ローテーブルとの組み合わせでも使いやすいのも特徴です。

メッシュFDベンチ ブラックのスペック

  • サイズ:1,095×330×360(h)mm
  • シート高:約360mm
  • 重量:1.9kg
  • 収納サイズ:1,095×65×470(h)mm
  • 材質:フレーム/アルミニウム合金、シート/ポリエステル

スノーピークキャンプギアのAmazon限定アイテム

蓋の着脱がしやすいステンレス真空ボトルリッチブラック

出典:Amazon

Amazon限定のスノーピークアイテムに、「ステンレス真空ボトルタイプM500」のAmazon限定カラーがあります。

メッシュブラックローチェア30と同様に、「リッチブラック」のオールブラックカラーになっています。

ステンレス真空ボトルリッチブラックとスマホ
ステンレス真空ボトルリッチブラックをローテーブルに置いた写真

出典:Amazon

ステンレス真空ボトルの塗装は意外と剥がれやすいのが弱点ですが、ブラックカラーであれば普段使いもしやすいので、カバンに入れてオフィスでも使えます。

リッチブラックをはじめ、ステンレス真空ボトルのまとめ記事はこちらです。

私も使用していますが、フタはネジ式なので、しっかりと留めれば中の液体が漏れてくることは今まで一度もありません。

こちらもCHECK

蓋の着脱がしやすいステンレス真空ボトルリッチブラック
大人気スノーピーク「ステンレス真空ボトルM500」にAmazon限定カラーが登場

大人気で公式サイトで常に在庫切れになっていたスノーピークの「ステンレス真空ボトル」に、Amazon限定カラーの発売が決定!真空ボトルは発売日に購入し、4ヶ月ほど使用してきたので、その使用感もご紹介しま ...

続きを見る

ステンレス真空ボトル タイプM350とM500を並べた写真
参考【購入レビュー】カフェでもキャンプギアを!スノーピーク「ステンレス真空ボトル」

スノーピークから発売されていた「ステンレス真空ボトル タイプM350/ M500」の新色が2020年12月に登場しました。キャンプギアをその強固な作りや機能性の高さから、日常使いされていらっしゃる方も ...

続きを見る

ボトルのロゴが擦れた写真
参考スノーピークのステンレス真空ボトルを1ヶ月使ってみた感想レビュー

スノーピークから2020年12月に発売された「ステンレス真空ボトルタイプM350」を購入して1ヶ月ほど経ちましたので、使用感を改めてレビューします。保温性能は問題ないのですが、個人的に気になる点がいく ...

続きを見る

メッシュローチェア30を確実にゲットできるのは今だけ!

ローチェア30のスノーピークのロゴ

カラーだけでなく、生地までAmazon限定のメッシュローチェア30 リッチブラックが確実にゲットできるのは、予約期間の今だけです!

スノーピーク公式サイトでも購入することはできず、再販されるかも未定のため、手に入れたい方は予約購入がおすすめです。

Amazonのメッシュローチェア30 リッチブラックのページはこちらです↓

Amazonで探す!

Amazonのスノーピーク公式ページはこちら。(Amazonへ飛びます)

スノーピーク公式ニュース記事はこちら。(スノーピーク公式サイトに飛びます)

スノーピークのキャンプ道具は高いので代替品になるようなキャンプ道具を探したい!という方向けに、楽天でアイテムもご紹介しています。

私の楽天ROOMもよろしければ参考にしてみてください!(楽天でスノーピークや代替アイテムを紹介しています)

今回ご紹介したアイテムはこちら↓(横にスクロールできます)

 
 
 
 
 

広告

リーズナブルながら高品質のオリジナルブランド「Hilander」をはじめ、多くの釣り用品とキャンプ道具を取り揃えるアウトドア用品とフィッシング用品の専門店 【アウトドア&スポーツ ナチュラム 】

 

  • この記事を書いた人

にんじん

デイキャンプをパートナーさんと楽しみながら、スノーピークのキャンプ道具や最新情報をブログ記事にしています。 スノーピーク好き、デイキャンプ好きの方に、特に役立つ情報を発信しようと日々頑張っています! レザークラフトも趣味で行っています。売れるグッズを作ろうと日々模索中。

Copyright ©スノーピークが好き , All Rights Reserved.