記事のカテゴリー

【初心者必見】私が実際に使っているデイキャンプにおすすめスノーピークギア

にんじん

デイキャンプをパートナーさんと楽しみながら、スノーピークのキャンプ道具や最新情報をブログ記事にしています。 スノーピーク好き、デイキャンプ好きの方に、特に役立つ情報を発信しようと日々頑張っています! レザークラフトも趣味で行っています。売れるグッズを作ろうと日々模索中。

実際にデイキャンプをしている私がおすすめするキャンプ道具をご紹介します。今回は、スノーピークのキャンプ道具で揃えた場合のおすすめギアをまとめています。デイキャンプを始めるために、テントやタープは必要ありません!外でのんびりするために必要なキャンプ道具から、あると快適なキャンプ道具まで、シーン別にご紹介します。

この記事では、

たくさんキャンプ道具はあるけど、デイキャンプを始めるために必要なのは?
おしゃれキャンパーさんのインスタ見たけど、あんなにキャンプ道具は必要なの?

といった疑問をメインにお答えしています。

InstagramやTwitter等 SNSを観ていると、おしゃれキャンパーさんがアップしたキャンプ道具てんこ盛りの写真が多くアップされています。

こんなおしゃれキャンプしたい!と思っても、どのキャンプ道具を買っていけば良いかわからない方も多いのではないでしょうか?

私はデイキャンプをはじめて今年で3年目くらいですが、はじめてのデイキャンプで使ったのは、スノーピークのキャンプチェアである「Take!チェア ロング」のみでした!w

初めはキャンプをはじめたい!というよりは、外でのんびりしたい!という目的で購入したキャンプチェアでした。それがいつしかスノーピークのキャンプ道具が出るたびに購入したくなるような、どっぷりとキャンプ沼にハマってますw

そんな私がおすすめする、「そもそもデイキャンプではどんなキャンプ道具が必要なのか」をご紹介します!

キャンプギアメーカーを「スノーピーク」に限っていますので、ある程度選択肢が狭められています。

慣れないうちは、1つのキャンプギアメーカーでまずはキャンプ道具を探してみることをおすすめします。多くのキャンプギアメーカーさんは、キャンプ道具を網羅的に販売しているので、カテゴリー別で検索しやすくもなっています。

どうして「スノーピーク」なの?

リビングシェルは使うシーンを選ばない

キャンプ初心者さんにもおすすめのメーカーが、「snow peak(スノーピーク)」です。

スノーピークでは、テントやタープをはじめ、テーブルやチェア等の家具類やカトラリー(箸やスプーン)、食器具類等の小物類まで販売されていますので、基本的なものならキャンプ道具を全て揃えることができます。

スノーピークの他のメーカーとの決定的な違いは、キャンプ道具の「機能美」と「永久保証」かと思います。

機能性とデザイン性の両立されたキャンプ道具

私の個人的なイメージとして、「キャンプ」と聞くとバーベキューコンロでお肉焼いて、夜はビビットな小さなテントで寝るという印象でした。実際小さい頃はそのようなキャンプ経験しかありませんでした。

しかし、スノーピークのキャンプ道具は、機能性を重視しつつも、他のメーカーにはないおしゃれで洗練されたカラーリングやデザインが特徴です。

家でも使いたくなるキャンプ道具はそうないのではないでしょうか?スノーピークではお家キャンプを推奨するほど自宅でも使いやすいデザインが特徴です。

どんなものでもスノーピークのキャンプ道具なら「永久保証」

スノーピークの永久補償

スノーピークのキャンプ道具は、他のキャンプギアメーカーさんと比較して、価格が高めのものが多いです。

キャンプチェアなら1万円は裕に超えてきますし、キャンプテーブルも1万5千円前後からになっています。

ここには機能性を高めるために、素材に妥協ことにもよりますが、他メーカーにはない特徴として、スノーピークの「永久保証」も関係しているのではないかと思います。

キャンプをしていると、どうしてもテントに穴が空いてしまったり、金属製部品が錆びてしまったりといった不具合が生じてきます。

そんな時に、どんなキャンプ道具でも直してくれるのが、スノーピークの永久保証制度です。

スノーピーク商品には、購入した際に「保証書」はついてきません。どんなものでも修理をお願いすれば修理をしてくれます。

なので、1つのキャンプ道具を長く使っていけるので、愛着が湧いてきます。

値段だけ他のメーカーさんと比較すると高額に見えますが、長い目で見れば、スノーピークのキャンプ道具が特段高いとは感じなくなるかと思います。

シーン別デイキャンプおすすめキャンプ道具

そんなおすすめキャンプギアメーカー「スノーピーク」から販売されているキャンプ道具を、デイキャンプを始めるにあたって必要な道具、あると便利な道具をシーン別でまとめてみます。

1つのキャンプギアメーカーといっても、多くの種類のキャンプ道具が販売されているので、それぞれどのような特徴があるのかをご紹介します。

デイキャンプにはキャンプチェアが必須!

デイキャンプをやるにあたって、最低限必要になるのが、「キャンプチェア」です。

キャンプ場や公園にある備え付けのイスだと、必ずしも常に使えるとは限りません。また、設置場所にも制限があるので、自分専用のキャンプチェアはデイキャンプを始めるにあたってまず購入すべきキャンプ道具です。

リラックスに最適「Take!チェア ロング」

Take!チェア ロング

出典:Amazon

キャンプでのリラックスチェアとして最もおすすめするのが、Take!チェアロングです。

6号帆布製のしっかりとしていながらナチュラルな印象のある座面と、長めの背もたれが、座ると自然と体を包み込んでくれます。背もたれにしっかりと体重を預けることができるので、立ちたくなくなる程リラックスできます。

帆布は取り外しができるので、穴が開いたり痛んできても、帆布だけ変えれば良いので長く使い続けることができるようになっています。

シートの高さは約36cmほどなので、いわゆる「ローチェア」としてシェルター内でも場所を取らずに使うことができます。

収納時は折り畳むことができるので、収納や持ち運びもしやすくなっています。

一方で、フレームが長めなので、折り畳んでも他社のローチェアと比較してあまりコンパクトには収納できない点には注意が必要です。

バンドではありますが、アームレストもついているのでリラックスして過ごすのにおすすめのローチェアです。

ちなみに、収納性を高めた「Take!チェア」もあります。こちらは、収納性と引き換えに、背もたれがロングと比較して短くなっています。また、シートの高さが42cmとロングと比較すると高くなっています。

私はどちらも所有していますが、身長165cmの私にはTake!チェアのシートは少し高いなと感じました。

リラックスして過ごすなら、断然Take!チェアロングをおすすめします。

Take!チェアに関する記事はこちらです。他社キャンプチェアとの比較等も行なっていますので、こちらも参考にしてみてください。

こちらもCHECK

購入して比較したスノーピークTake!チェアロングとヘリノックス チェア

スノーピークのTake!チェア ロングと、ヘリノックスのタクティカルチェア ツーを購入した私が、それぞれの特徴と座り心地を比較してみました。どちらも背もたれの長いリラックスできるキャンプチェアで、どち ...

続きを見る

こちらもCHECK

Take!チェアキャンプでの設置例
2サイズあるTake!チェアでのんびりキャンプにおすすめはどっち?

スノーピークから発売されているキャンプチェア「Take!チェア」は、2サイズありますがどちらも所有したことのある私が、おすすめのサイズをレビューします。どちらのサイズを購入しようか迷っていた方は参考に ...

続きを見る

沈み込みが少なく作業しやすい「ローチェア30」

ローチェア30

出典:Amazon

Take!チェアはリラックスしたい時には最高なのですが、料理をしたり、テレワーク等作業をしたいなと思った時に、もう少し沈み込みが少なく、姿勢良く座れた方が楽だなと感じることもあります。

そんな時におすすめなのがローチェア30です。

ローチェア30はしっかりとした生地の座面や背もたれにより、Take!チェアと比較して沈み込みが少ないので、姿勢よく座れます。また、立ち上がりやすいので、立ち上がったり座ったりの多いキャンプでは疲れにくくなります。

アームレストはしっかりとした竹材が用いられているので、カップホルダーも取り付けることができます。

こちらのローチェア30も、Take!チェアシリーズと同様に、背もたれが短いショートタイプもあります。

ローチェア30はTake!チェアロングと比較して収納時のサイズが小さいですが、ショートであればそれよりもさらにコンパクトに収納することができます。

Take!チェアロングとローチェア30はどっちを購入すれば良いの?という方にはこちらの記事を参考にしてみてください。ご自身のキャンプスタイルに合わせて選ぶことが一番ですが、2脚にどのような違いがあるのかをまとめています。

【購入レビュー】ローチェア30とTake!チェアロングの違いを徹底解説

コンパクトなイスが欲しいなら「FDチェア ワイド」

FDベンチ グレー

出典:Amazon

Take!チェアやローチェアは快適に座れるので良いのですが、さっと出したり運搬するには少し大きい気もします。

どこで持つかやすいコンパクトなイスが欲しいという方におすすめなのが、FDチェアシリーズです。

FDチェアワイド グレー

FDチェアワイド

FD KID'Sチェア

FD KID'Sチェア

出典:Amazon

FDチェアには「FDチェアワイド」と「FD KID’Sチェア」があります。リビングを飾るイスは、お子さんと同じものが良い!という方にもFDチェアシリーズはおすすめです。

FDベンチ グレー

出典:Amazon

さらに、広々と座ることができる「FDベンチ」もあり、カラーを統一するとそれだけでおしゃれなキャンプサイトができます。

FDチェアワイドのスペック

  • 使用時サイズ:595×580×840(h)mm(シート高460mm)
  • 重量:3.6kg
  • 収納時サイズ:580×110×690mm
  • 材質:本体/アルミニウム合金、シート/ポリエステル帆布、アームレスト/ポリエステル帆布・ウレタンフォーム 

FD KID’Sチェアのスペック

  • 使用時サイズ:570mm×500mm×790(h)mm(シート高490mm)
  • 重量:2.1kg
  • 収納時サイズ:500mm×90mm×670(h)mm
  • 材質:本体/アルミニウム合金、シート/ポリエステル帆布、アームレスト/ポリエステル帆布・ウレタンフォーム

FDベンチのスペック

  • 使用時サイズ:1,095×330×360(h)mm
  • 重量:2.4kg
  • 収納時サイズ:1,095×65×470mm
  • 材質:本体/アルミニウム合金、シート/ポリエステル帆布、アームレスト/ポリエステル帆布・ウレタンフォーム

外で飲むコーヒーは格別!コーヒーグッズ

とりあえずイスを出してのんびりした後は、コーヒーをのんびり淹れるとよりいっそうリラックスすることができます。

スノーピークではキャンプ道具として多くのコーヒーグッズが販売されています。デイキャンプに限らず、宿泊キャンプでも使うことができるので、しっかりした物を初めから選んでおけば、購入後も長い期間使い続けることができるので、スノーピークの永久補償が生きてきます!

サイドテーブルにちょうど良いサイズ! Myテーブル竹

Myテーブル竹

出典:Amazon

コーヒーグッズや荷物を置くのに便利なのがコンパクトなMyテーブル竹です。

収納時はコンパクトに2つ折りできるので、収納の場所も取りません。

また、天板の高さが約40cmほどになるので、Take!チェアやローチェア30等のローチェアと組み合わせると、ちょうど使いやすいサイドテーブルになります。

組み立てはワンアクションでできるので、準備にあまり時間をかけたくないデイキャンプにぴったりのローテーブルです。

Myテーブル竹のスペック

  • 使用時サイズ:450×335×385mm、天板サイズ:450×300×12mm
  • 重量:1.8kg
  • 収納時サイズ:450×335×72mm
  • セット内容:本体、カバー
  • 材質:天板/竹集成材、スタンド/アルミニウム合金(アルマイト加工)、カバー/ポリエステル 

焚き火近くでも使えるタフさが魅力!TAKIBI My テーブル

TAKIBI Myテーブル

出典:Amazon

TAKIBI My テーブルは、Myテーブルとほぼ同等のサイズですが、テーブルの天板がステンレスになったことで、熱に強くなったことが特徴です。

焚き火近くで使っても、火の粉に強いことに加え、天板が汚れてもさっと拭くことで簡単に汚れを落とすことができます。

テーブル天板にはシェラカップや焚き火道具をひっ変えておける「ハンギングバー」が左右にあり、使い勝手がMyテーブル竹と比較して向上しています。

Myテーブル竹と同様に、真ん中で2つ折りできるので、コンパクトな収納が可能になっています。

TAKIBI My テーブルのスペック

  • 使用時サイズ:496×332×400(h)mm
  • 重量:2.9kg
  • 収納時サイズ:450×332×78(h)mm
  • 材質:天板/ステンレス、スタンド/アルミ合金、カバー/ポリエステル

安定性抜群の小型ヒーター ヤエンストーブ レギ

ヤエンストーブ レギ

出典:Amazon

コーヒーを淹れるためには、まずはお湯を沸かす必要があります。

スノーピークからはいくつかヒーターが販売されていますが、コンパクトながら3点で支えるトトで安定性が高くなっている「ヤエンストーブ レギ」は、設置場所に限らず安定させることができるのでおすすめです。

ヤエンストーブレギ使用れいヤエンストーブレギ使用例

出典:Amazon

ヤエンストーブレギについて2本に脚に加え、ガス缶も脚の1つとして使用することで、抜群の安定感を誇ります。また、脚の長さは2段階に調節できるので、「ギガパワーガス110」にも「ギガパワーガス250」にも対応させることができるのが特徴です。

また、2本の脚の長さは別々に調節できるので、テーブルの上に限らず、凸凹した岩場でも水平を取りやすいことも特徴です。

ヤエンストーブ レギの収納

出典:Amazon

収納時はパーツごとにコンパクトに収納させることができるの、デイキャンプに限らず山行にも持って行きやすいかと思います。

五徳部分が広がるので、他社の超小型ヒーターと比較して、大きめの鍋等も使用できるので、使い勝手は抜群です!

ヤエンストーブレギのスペック

  • 使用時サイズ:190×310×147(h)mm、ゴトク径φ180mm(250缶使用時)
  • 重量:220g
  • 収納時サイズ:バーナーユニット/70×126×59(h)mm、器具栓ユニット/21×136×25(h)mm
  • セット内容:本体、イグナイタ、収納ケース
  • 最大出力:2900kcal/h
  • セット内容:本体、イグナイタ、収納ケース 
    材質:本体/ステンレス、アルミニウム合金、ブラス、ゴム・イグナイタ/プラスチック、ステンレス

風防により風が吹いても安定!ヤエンストーブ ナギ

ヤエンストーブ ナギ

出典:Amazon

ヤエンストーブ レギはコンパクトで良いのですが、風が吹くと安定して火を使うことができません。

ヤエンストーブ ナギの使用例

出典:Amazon

そんな問題を解決したのが、「ヤエンストーブ ナギ」です。ヤエンストーブナギは、風防にヒーターを固定して使用するため、風から火を守ってくれるようなデザインになっています。

風防を別で用意する必要がないため、狭いテーブルでも最大限広く使うことができるようになります。

ヤエンストーブ ナギの収納

出典:Amazon

ヤエンストーブナギも、レギと同様にパーツごとに分解して収納することができるので、コンパクトに収納・持ち運ぶことができます。

ヤエンストーブナギは、風防がついている分ヤエンストーブレギと比較してある程度広い設置場所が必要になります。

ヤエンストーブ ナギのスペック

  • 使用時サイズ:φ213×100(h)mm、ゴトク径:φ190mm
  • 重量:バーナー/209g、風防ユニット/147g、ボトムシート/36g、イグナイタ/16g
  • 収納時サイズ:バーナー/129×51×62mm、風防ユニット/83×100×27mm、ボトムシート/100×90×30mm
  • セット内容:本体(バーナー、風防ユニット、ボトムシート)、イグナイタ、収納ケース(バーナー用、風防ユニット用)
  • 最大出力:2800kcal/h
  • セット内容:本体(バーナー、風防ユニット、ボトムシート)、イグナイタ、収納ケース(バーナー用、風防ユニット用) 
  • 材質:バーナー/ステンレス、アルミニウム合金、ブラス・風防/ステンレス・ボトムシート/アルミニウム合金、ステンレス・イグナイタ/プラスチック、ステンレス 

家庭でも使えるカセットコンロ HOME&CAMP バーナー

HOME&CAMP バーナー

出典:Amazon

キャンプ道具として屋外でも使え、冬の鍋料理でも使いやすいカセットコンロガスを使える便利なヒーターが「HOME&CAMP バーナー」です。

HOME&CAMP バーナー使用時

出典:Amazon

いわゆるカセットコンロには全く見えない収納時のデザインですが、使用時は形を変えて大きな鍋でも使えるよう五徳が出てくる仕組みになっています。

HOME&CAMP バーナーは、収納時のサイズは他社製の一般的なカセットコンロとは圧倒的にコンパクトなのが特徴です。

HOME&CAMP バーナーの使用例

出典:Amazon

また、キャンプ道具のヒーターは、専用のガス缶でないといけませんが、HOME&CAMP バーナーであれば、コンビニ等でも売っている市販のカセットコンロガスを使用することができるので、万が一キャンプでガス缶が切れたり、忘れてしまった場合でも、調達しやすいことも特徴です。

  • 使用時サイズ:346×301×120(h)mm
  • 重量:1.4kg
  • 収納時サイズ:90×120×255(h)mm
  • セット内容:本体、取扱説明書
  • 最大出力:2100kcal/h
  • 材質:ステンレス、スチール、アルミニウム合金、ブラス、樹脂、ゴム
  • 対応鍋径:最小Φ14cm~最大Φ30cm/ダッチオーブン使用不可
  • 専用容器(ボンベ):GPC-250CB
  • 連続燃焼時間:約110分

時間をかけてじっくり豆を挽く フィールドバリスタ ミル

フィールドバリスタ ミル

出典:Amazon

コーヒー豆を挽くのに欠かせないミル「フィールドバリスタ ミル」も、スノーピークから発売されています。

価格だけで見れば、他社メーカーにもっとリーズナブルなコーヒーミルはいくつもあります。

フィールドバリスタ ミルを分解

出典:Amazon

しかし、後にご紹介する「フィールドバリスタ ケトル」に収めるのにぴったりなサイズになっているので、コーヒーグッズもスノーピークでお揃えると使い勝手が高まります。

取って先端についた木材が良いアクセントになっています。

中々洗浄しにくいコーヒーミルですが、フィールドバリスタミルはステンレス製なので、衛生的にも保ちやすいことが特徴です。

フィールドバリスタミルのスペック

  • 使用時サイズ:160×48×160(h)mm
  • 重量:225g
  • 収納時サイズ:57×48×160(h)mm
  • セット内容:本体、収納ケース
  • 材料:ステンレス、鉄、セラミック、POM樹脂、天然木

焚火台型のドリッパー フォールディングコーヒードリッパー 「焚火台型」

フォールディングコーヒードリッパー 「焚火台型」

出典:Amazon

フォールディングコーヒードリッパー 「焚火台型」は、スノーピークの「焚火台」のように、三角形のパネルが4枚セットになっているスノーピークらしいドリッパーです。

フォールディングコーヒードリッパー 「焚火台型」は、大きめのマグカップにも対応できるよう、脚部分は広めにとられています。畳むとかなり薄くなるので、デイキャンプだけでなく、アウトドアのリュックさっとしまえるのも便利です。

フォールディングコーヒードリッパー 「焚火台型」コーヒーを淹れたところ

出典:Amazon

フォールディングコーヒードリッパー 「焚火台型」は、組み立てが次にご紹介するフィールドバリスタドリッパーよりも簡単なので、すぐにコーヒーを淹れられるので、使い勝手は高くなっています。

フォールディングコーヒードリッパーのスペック

  • 使用時サイズ:104×104×96(h)mm
  • 重量:140g
  • 収納時サイズ:170×140×14(h)mm
  • 材料:ステンレス(18-8)

分解可能なドリッパー フィールドバリスタ ドリッパー

フィールドバリスタ ドリッパー

出典:Amazon

フィールドバリスタ ドリッパーは、ドリッパーが3枚のパーツと3つの脚からなる分解可能なドリッパーです。

フィールドバリスタ ドリッパーの収納

出典:Amazon

組み立てにコツがいるので、初めの頃は組み立てを難しく感じることがあるかもしれません。

しかし、一度慣れてしまえばコンパクトに収納できるフィールドバリスタ ドリッパーがおすすめです。

フィールドバリスタ ドリッパーのスペック

  • 使用時サイズ:150×140×105(h)mm
  • 重量:150g
  • 収納時サイズ:110×100×30mm
  • セット内容:本体、収納ケース、ゴムバンド
  • 材料:ステンレス

コーヒーギアの収納にも!フィールドバリスタ ケトル

フィールドバリスタケトル

出典:Amazon

フィールドバリスタ ケトルは、コーヒーを入れるのちょうど良い1.0Lのケトルです。

フィールドバリスタ セット

出典:Amazon

単純にコーヒーを淹れるために使用するだけでなく、「フィールドバリスタ ドリッパー」や「フィールドバリスタ ミル」をケトル内に収納することができるちょうど良いサイズになっています。

フィールドバリスタケトル内に道具を収納できる

出典:Amazon

また、フィールドバリスタ ケトルの取っては簡単に取り外すことができるので、コンパクトに収納することができます。

意外とケトルの注ぎ口や取っ手は収納時に邪魔になりやすいですが、フィールドバリスタ ケトルなら取ってもケトル本体内に収納することができるので、収納性も申し分ありません。

フィールドバリスタ ケトルのスペック

  • 使用時サイズ:210×130×180(h)mm
  • 重量:540g
  • 収納時サイズ:155×130×180(h)mm
  • セット内容:本体、収納ケース
  • 容量:1.0L
  • 材料:ステンレス、ブラス、天然木

ドリッパーしてもパーコレーターとしても使える フィールドコーヒーマスター

フィールドコーヒーマスター

出典:Amazon

フィールドコーヒーマスターは、パーコレーターとしてもドリッパーとしても使用できる便利なコーヒーギアです。

フィールドコーヒーマスターに付属するケトルは、スノーピークから発売されているケトルの中では最小サイズですが、その中にパーコレーターのパーツに加え、ケトルの取っても収納できるため、これ1つでコンパクトにコーヒーギアが全て収納できます。

パーコレーターとして使えるよう、ケトル蓋にはガラス窓が設けられています。

フィールドコーヒーマスターでは、パーコレーターとして使用する際もペーパーを使うことができるので、パーコレーターの粉っぽさがなく、すっきりとしたコーヒーを抽出することができます。

実際に何度か使用してみたので、使用感等はこちらの記事を参考にしてみてください。

パーコレーターとしての使用感は?スノーピークフィールドコーヒーマスター

リトルランプノクターン収納ケース
レザーケースでオシャレに変身!スノーピーク「リトルランプノクターン」

スノーピークのリトルランプノクターンは、その可愛らしいデザインと優しい光で、卓上ランプとして大人気のランタンです。しかし、そのケースは白色プラスチックと少しキャンプの雰囲気に合わなかったため、おしゃれ ...

続きを見る

キャンプで実際に使ってみた!スノーピーク フィールドコーヒーマスター

フィールドコーヒーマスターのスペック

  • サイズ:200×130×190(h)mm
  • 重量:750g
  • セット内容:本体、収納ケース
  • 材質:ステンレス、ガラス、真鍮
  • 容量:760ml

焚き火に突っ込める! クラシックケトル 1.8

クラシックケトル 1.8

出典:Amazon

クラシックケトル1.8は、そのまま焚き火にも入れられるよう、長めの吊り下げ用ハンドルや、グローブをつけたままでも持ちやすいよう大きめの取ってが特徴です。

クラシックケトルは焚き火対応

出典:Amazon

また、ケトル上部に蓋があるだけでなく、注ぎ口にも蓋がついているので、灰等がケトル内に入らずに済みます。

スノーピークのケトルの中では最大サイズなので、この中にコーヒーグッズを全て収納することもできます。

そのデザインから、収納時は大きな取ってが邪魔になることもあるので、収納スペースが小さい場合は不向きとも言えます。

一度に沸かせるお湯の量も多いため、大人数での使用にも良いかと思います。

クラシックケトル 1.8のスペック

  • サイズ:φ115×247mm
  • 重量:690g
  • 容量:1.8L
  • 材料:ステンレス(18-8)

デイキャンプでまずは美味しいコーヒーを

キャンプだからと言って気を張らず、とりあえずイスに座ってのんびりとコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

1度楽しめれば、次はあれが欲しい、これが欲しいといつの間にかキャンプ沼にハマっていくこと間違いなしです!

まずは今回ご紹介したキャンプ道具をいくつか揃えてみてはいかがでしょうか!

スノーピーク以外のキャンプギアの総合情報サイト「にんじんキャンプブログ」はこちら↓

にんじんキャンプブログこちら

  • この記事を書いた人

にんじん

デイキャンプをパートナーさんと楽しみながら、スノーピークのキャンプ道具や最新情報をブログ記事にしています。 スノーピーク好き、デイキャンプ好きの方に、特に役立つ情報を発信しようと日々頑張っています! レザークラフトも趣味で行っています。売れるグッズを作ろうと日々模索中。

Copyright ©スノーピークが好き , All Rights Reserved.