記事のカテゴリー

フィールドブロワーと焚火台LLの発売日が決定!事前情報まとめ

焚火台LLのデザイン

にんじん

デイキャンプをパートナーさんと楽しみながら、スノーピークのキャンプ道具や最新情報をブログ記事にしています。 スノーピーク好き、デイキャンプ好きの方に、特に役立つ情報を発信しようと日々頑張っています! レザークラフトも趣味で行っています。売れるグッズを作ろうと日々模索中。

スノーピークの「フィールドブロワ」と「焚火台LL」の発売日が決定しました!スノーピーク最新カタログ2021にも掲載されていたキャンプ道具です。テント等のお掃除にフィールドブロワは便利ですし、大人数のキャンプでは焚火台LLでド派手な焚き火も楽しめます!発売前の事前情報をまとめてご紹介します。

この記事では、

焚火台LLのサイズは?
フィールドブロワだけ買っても使えないの?
2021年最新のスノーピークアイテムの情報が知りたい!

といった疑問をメインに情報をまとめています。

スノーピーク2021年の最新カタログにも掲載されていた「焚火台LL」、「焚火台LLコンプリート収納ケース」、「フィールドブロワ」の発売日が決定しました!

焚火台は今までに「焚火台S」、「焚火台M」、「焚火台L」、「焚火台SR」が発売されています。

使用人数や使用用途に応じて使い分けができる焚火台シリーズですが、このたび新たに巨大焚火台「焚火台LL」が仲間入りとなります!

どれくらいサイズが大きいのか?、コンプリート収納ケースとは?といったアイテムの基本情報についてご紹介します。

また、バッテリーを使えば外でも使えるブロワ「フィールドブロワ」も発売となります。

テントやタープを撤収する際に、落ち葉や虫を除くために手で振り払っている方は必見です!

大きなテントだとテント中心部のゴミを取り除くのは大変です。フィールドブロワがあれば、ゴミや虫を吹き飛ばしてくれるので、キャンプ時の撤収作業の手間や時間を短くすることができます。また、付属するダストバッグを使えば掃除機としても使うことができるので、テント内の掃除にも役立つこと間違いなし!

各アイテムの発売前情報をまとめました。

特大サイズの焚火台LL

焚火台LLのデザイン

出典:スノーピーク公式サイト

今回発売日が公開された焚火台LLは、今までに発売されてきた焚火台シリーズの中でも最大サイズのなのです。

今までは焚火台Lが最も大きなサイズでしたが、大人数で迫力ある焚き火を楽しみたい方に焚火台LLはおすすめのサイズです。

一辺が63cmの正方形サイズなので、ソロで使うテーブルと同等のサイズほどあります。

焚火台シリーズは現在、「焚火台S」、「焚火台M」、「焚火台L」、「焚火台SR」が発売されています。それぞれのスペックをまとめてみました。

 

焚火台S

焚火台M焚火台L焚火台SR焚火台LL
使用時サイズ285×285×205mm350×350×248mm455×450×315mm480×265×385mm633×633×440mm
収納時サイズ350×410×25mm450×515×32mm560×640×32mm455×265×60mm810×882×41mm
重量1.8kg3.5kg5.5kg4.3kg11kg
対応人数1~2人2~3人3人~3人~1人
価格(税込)9,460円13,860円21,560円15,400円32,780円

焚火台のサイズを比較してみると、焚火台LLは今まで一番大きかった焚火台Lの約1.5倍近くあります。焚火台LLの容積は、焚火台Lと比較して3倍近くあるようです。このサイズがあれば、薪割りを行わなくてもほとんどの薪をそのまま使用することができるかと思います。

ちなみに他社とサイズを比較してみると、コールマンから販売されている「ファイアーディスク(TM)」がちょうど焚火台Lと同じようなサイズなので、それよりもかなり大きいことになります。焚火台Lでも入りずらかった薪を楽にくべることができるのもポイントです。

焚火台LLの重量は、焚火台Lと比較して2倍以上あるので、かなりの重量級です。

しかし、ここまで巨大になっても今までの焚火台と同様にただ広げるだけで設置できるので、設営は簡単です!

焚火台LL購入前に確認しておくべきポイント

巨大焚火台LLの気になるポイントをまとめました。購入前にチェックしてみてください!

収納サイズも最大に

出典:スノーピーク公式サイト

使用時のサイズが大きくなったことで、当然収納時サイズも大きくなっています。

スノーピークの焚火台シリーズは、ワンアクションで脚を広げることができます。また、本体は折りたたむことができますが、焚火台の収納時のサイズは、使用時のサイズよりも大きくなることが特徴です。

今まで最大だった焚火台Lの収納時サイズは、45cm×26cmほどになり、厚みは6cmほどでした。

一方、焚火台LLの収納時サイズは、81cm×88cmのサイズにあり、厚みは4cmほどあります。収納時サイズはかなりの大きさになるので、収納場所は購入前に確認しておいた方が良いかと思います。

また、焚火台LLは大きく重い焚火台なので、同日に発売される焚火台LLコンプリート収納ケースも併せて購入することをおすすめします。

焚き火を行うと焚火台は炭でかなり汚れるので、専用の収納ケースは必須です!

専用オプションパーツがない

出典:スノーピーク公式サイト

焚火台シリーズは、焼き網をはじめ、炭を使う際に床面を上げて調理しやすくなる「炭床」や、焚火台本体下に敷いて地面に直接炭が落ちたり地面を守ることができる「ベースプレート」が発売されています。

今のところ、焚火台LLと同日発売となるオプションパーツは収納ケース以外にはないようです。

焼き網は他社のものを代用できそうですが、焚火台LLの脚に合わせたベースプレートがないのは残念です。焚火台を使用するので、直火禁止の場所でも焚き火は楽しめますが、炭の後片付けにもベースプレートがあると楽なので、早めに販売されると嬉しいところです。

焚火台LLのスペック

  • 使用時サイズ:633×633×440(h)mm
  • 重量:11kg
  • 収納時サイズ:810×882×41mm
  • セット内容:本体のみ
  • 素材:ステンレス
  • 価格(税込):32,780円
  • スノーピーク公式サイトで焚火台LLを探す

焚火台LLの収納に必須!焚火台LLコンプリート収納ケース

出典:スノーピーク公式サイト

焚火台LLと同時に発売される焚火台LLコンプリート収納ケースは、焚火台LLと同時に購入必須アイテムです!

焚火台LLには収納ケースが付属しないため、焚き火後の汚れが他のものにつくのを防ぐ意味で必要です。また、大きく重たい焚火台LLを持ち運ぶのにも、コンプリート収納ケースは必須かと思います。

コンプリート収納ケースは、各焚火台に対して専用のサイズがそれぞれ用意されています。

出典:スノーピーク公式サイト

他のサイズの収納ケースと同様に、焚火台LL用のコンプリート収納ケースにの外側に、メッシュポケットが1つついています。

他のサイズの収納ケースでは小物を入れる程度でしたが、サイズの大きな焚火台LL用の収納ケースなら焚き火グローブも余裕を持っていれることができるほどのサイズ感です。

焚火台LLコンプリート収納ケースのスペック

  • サイズ:660×60×700mm
  • 重量:1.1kg
  • 素材:綿帆布(6号・パラフィン・PU加工)、アクリルテープ(中芯:PP)、ナイロンメッシュ
  • 価格(税込):13,860円
  • スノーピーク公式サイトで焚火台LLコンプリート収納ケースを探す

片づけに便利!フィールドブロワ

出典:スノーピーク公式サイト

マキタのバッテリーを使用することで、キャンプ等の屋外でも使うことができる便利ギアとして販売されているフィールドファンに加え、今度はフィールドブロワが登場します!

ブロワはテント等の撤収時に強い風によりゴミや水滴を吹き飛ばすことができます。今まで手でやっていた作業がさっとできるようになり、撤収時間を短縮できるので、キャンプ時間をより長く楽しむことができます。

出典:スノーピーク公式サイト

また、付属するダストバックを送風口に使えば、ゴミを吸い取ることができるの掃除機としても使うことができます。

フィールドブロワ1つで送風も吸引もできるので、キャンプ時のお掃除に使い勝手良いフィールドギアです。

フィールドブロワ購入前に確認しておくべきポイント

マキタのバッテリー

出典:Amazon

フィールドブロワは、マキタの充電式ブロワのカラー違いです。

そのため、マキタのバッテリーが必要になります。

フィールドファンもマキタのバッテリーを使用しますが、ACアダプタを使用すればポータブル電源でも使うことができました。

実際私はマキタのバッテリーを使わずに、ポータブル電源でフィールドファンを使用しています。

こちらもCHECK

バッテリーがなくても問題なしスノーピーク「フィールドファン」の使い方

スノーピークのフィールドファン(MKT-102)は、マキタの充電式ファン(CF102DZ)と同仕様のため、高価なバッテリーがなくても動かすことができます。私はマキタ製品を持っていなかったため、あるもの ...

続きを見る

フィールドファンのキャンプ時の使い心地
参考マキタのバッテリー無しでスノーピークのフィールドファンをデイキャンプで使ってみた

スノーピーク公式サイトでも入荷するとすぐに売り切れてしまう人気ギア「フィールドファン」を実際にデイキャンプで使ってみました。結論としては風力も強く、テントやタープの下では風を十分に感じることができまし ...

続きを見る

普段使用しているポータブル電源を使えばよかったため、マキタのバッテリーを購入する必要がありませんでしたが、フィールドブロワはバッテリーを使用しないと使えないようです。

そのためまだマキタのバッテリーを持っていない方は、この機会にフィールドファンにもフィールドブロワにも使えるマキタのバッテリーを購入しましょう。

使用可能なバッテリーと充電器リスト

マキタのバッテリー充電器

出典:スノーピーク公式サイト

フィールドブロワを使用するために使える、マキタのバッテリーと充電器は以下のとおりです。

充電時間は充電器により異なりますので、値段と相談して決めることをおすすめします。

18V6.0Ah5.0Ah4.0Ah3.0Ah2.0Ah1.5Ah
BL1860BBL1850BBL1840BBL1830BBL1820BBL1815B
 急速充電器急速充電器2口急速充電器充電器シガーライター充電器
型番
DC18RFDC18REDC18RDDC18SDDC18SE

充電時間
(BL1830Bフル充電)

22分22分22分
(2本同時)
60分60分

フィールドブロワのスペック

  • サイズ:517×156×210mm(バッテリ除く)
  • 重量:1.3kg(バッテリ除く)
  • セット内容:本体、ダストバッグ、ノズル
  • 材質:本体/ポリアミド、熱可塑性エラストマー
    ●使用電源:リチウムイオンバッテリ
    18V…BL1860B,1850/B・1840・1830/B,BL1820B・1815N 
    ●バッテリ電圧:18V
    ●連続使用時間:(弱)/約80分、(中)/約30分、 (強)/約13分(BL1830B)
    ※強/中/弱モード切替
    ●風量0~3.2㎥/min
    ●風速:0~98m/s
    ●サイズ:517×156×210mm
    ●重量:1.3kg
    ●真空度:0~5.8kPa[0~591mm水柱]
  • 価格(税込):13,090円
  • スノーピーク公式サイトでフィールドブロワを探す

各キャンプ道具の発売日

カレンダー

今回ご紹介した「焚火台LL」、「焚火台LLコンプリート収納ケース」、「フィールドブロワ」の発売日は、全て

  • 2021年6月5日(公式オンラインショップでは10:00から)

に発売となります!

特に、スノーピーク公式サイトでは在庫切れを起こしやすいので、欲しい方は発売日にチェックを!

スノーピークギアおすすめ取扱いショップ

スノーピークでは公式オンラインショップをはじめ、Amazonでは専用ページが設けられています。

さらに、キャンプ道具を扱っている通販サイトでもスノーピークを取り扱っているサイトがいくつかあります。その中でもセール等を実施しているおすすめサイトをご紹介します。

L-Breath(エルブレス)オンラインストア

エルブレスオンラインショップ

出典:三井ショッピングパーク

首都圏を中心に実店舗を展開するアウトドア用品店のオンラインショップ「エルブレスオンラインストア」です。

スノーピークのキャンプ道具をはじめ、コールマンの限定ランタンの抽選販売等も行なっているので、公式サイトに在庫がない場合やセール中の買い物におすすめのサイトです。

naturum(ナチュラム)

naturum(ナチュラム)は、リーズナブルながら品質の高さと使い勝手の良さでキャンパーさんの間で人気の「Hilander(ハイランダー)」の公式取り扱いサイト「アウトドア&スポーツ ナチュラム 」です。

年始はかなりお得なセットアイテムを販売していたり、ちょくちょくセールがあったりと、確認しておきたいサイトです。

釣具も充実しているので、アウトドア全般のアイテムが揃います!

続々登場!スノーピーク新商品

6月5日発売となるスノーピーク新キャンプ道具は、「焚火台LL」、「焚火台LLコンプリート収納ケース」、「フィールドブロワ」の3つでした。2021スノーピーク最新カタログに掲載されているキャンプ道具は、続々と販売されています。

こちらもCHECK

スノーピーク2021最新ギア
2021年スノーピーク最新キャンプギアの発売が続々決定!最新情報まとめ【4月】

2021年のスノーピーク最新カタログに掲載されていたアイテムが、4月下旬に続々と発売が決定されました!発売日の決定したスノーピークの最新キャンプギア情報をご紹介します。 目次 すでに発売されている最新 ...

続きを見る

参考【2021年5月最新】スノーピーク発売日が決定した新商品とおすすめ販売サイトまとめ

2021年スノーピーク最新カタログに掲載されていたキャンプ道具のうち、5月に発売された新商品をご紹介します。スノーピークの新商品は、公式サイトではすぐに在庫切れとなってしまいますが、他のECサイトでは ...

続きを見る

また、6月には雪峰祭2021春が開催されます!

こちらもCHECK

スノーピーク雪峰祭2021春
2021雪峰祭限定アイテムと通常品との違いを徹底解説!

2021年6月5日と6日に開催予定のスノーピーク雪峰祭2021春の限定アイテムがアナウンスされました!今回の雪峰祭で発売されるアイテムは、通常販売されているキャンプギアのカラー違いが多く発売されるため ...

続きを見る

イベントや新商品発売が目白押しのスノーピークの最新情報をこちらのブログでご紹介します。

今後もぜひチェックしてみてください!

  • この記事を書いた人

にんじん

デイキャンプをパートナーさんと楽しみながら、スノーピークのキャンプ道具や最新情報をブログ記事にしています。 スノーピーク好き、デイキャンプ好きの方に、特に役立つ情報を発信しようと日々頑張っています! レザークラフトも趣味で行っています。売れるグッズを作ろうと日々模索中。

Copyright ©スノーピークが好き , All Rights Reserved.