小物類

【購入レビュー】2通りの淹れ方が楽しめるフィールドコーヒーマスター

フィールドコーヒーマスターのセット内容

スノーピークの「フィールドコーヒーマスター」は、これ一つでペーパーでもパーコレーターでもコーヒーを淹れることができる便利なキャンプギアです。また、ドリッパー含め、ケトルの取っ手もケトル内に収納できるのでコンパクトな収納が可能です。

この記事では、

フィールドコーヒーマスターのサイズ感は?

各パーツの収納方法がわからない

等の疑問にお答えしています。

2020年12月19日に発売となったスノーピークの「フィールドコーヒーマスター」の開封レビュー記事になります。

フィールドコーヒーマスターはコンパクトなケトルでパーコレーターでもペーパードリッパーでもコーヒーを淹れることができる便利なキャンプギアです。

コンパクトなので、ソロキャンプ等の少人数でのキャンプでも使いやすいと思います。

発売前情報をまとめた記事はこちらです。

発売間近⁉︎スノーピークのフィールドコーヒーセットの発売日はいつ?
発売間近⁉︎スノーピークのフィールドコーヒーマスターの発売日はいつ?スノーピークからケトルとドリッパーがセットになった「フィールドコーヒーマスター」が発売になります。ドリッパーは、ペーパーでもパーコレーターでも淹れることができる構造になっています。ケトルにはセット品が全て収納でき、さらにケトルの取っ手は取り外すことができるので、コンパクトに収納することができます。...

スノーピーク最小ケトルが欲しいならこちら

ケトルにハンドルを装着

フィールドコーヒーマスターは、スノーピークから発売されているケトルの中で最も小さなサイズになっています。

フィールドコーヒーマスターのセット内容

このケトルの中に、これだけのパーツがピッタリと収納されています。

セット内容は、左からフタ、ハンドル本体、スチームロート、ドリッパー(ドリッパーハンドル)、ケトル本体、収納ケースとなっています。

このうち、ケトル本体には、スチームロート、ドリッパー(ドリッパーハンドル)、ハンドル本体を収納することができます。

フィールドコーヒーマスターを収納袋にいれた写真

パーツを収納して収納ケースに入れた写真がこちらです。

ケトルのハンドルは取り外すことができるので、ケトルで出っ張っているのは注ぎ口だけになるので、コンパクトで収納しやすいと思います。

パーツのほとんどはステンレス製なので、重量も750gとかなり軽量です。

ケトルとTAKIBI MYテーブル

同じくステンレス製のTAKIBI Myテーブルに乗せても相性が良さそうです。

ケトルとペットボトルの比較
ケトルとペットボトルを上から見た比較

2Lペットボトルと比較したのが上の写真です。

高さは2Lペットボトルの約半分、直径は2Lペットボトルと比較して一回り大きい程度のサイズでした。

シンデレラフィットするスタッキング

ケトル外観

フィールドコーヒーマスターは付属する収納ケースに全て収納することができます。

フタ以外のパーツは全てケトル内に収納できます。

ケトルにパーツを収納した写真

写真のように、ドリッパーはスチームロートに取り付けた状態でケトルに収納します。

ハンドル本体

ハンドル本体はドリッパーの下に収めると、ムリなく収納させることができます。

機能的な窓付きのフタ

フタのガラスノブ

フィールドコーヒーマスターのフタには、パーコレーターとして使う際に重要なコーヒーの濃さを調節するために使用する窓がついています。

ケトル上部のガラスノブ

スノーピークロゴもしっかりとついてました。

ドリッパーは一つ穴

コーヒードリッパーのハンドル
コーヒードリッパーを上から見た写真

フィールドコーヒーマスターのドリッパーは、ゆっくりと抽出できるよう一つ穴になっていました。

ドリッパーをスチームローに装着した写真

また、ドリッパーにはパーコレーターとして使う際に使用するドリッパーハンドルがついています。このドリッパーハンドルは取り外すことができるのでお湯を注ぐ際にも邪魔になりません。しかし、ドリッパーハンドルをつけてドリップすれば、ドリップ後に熱くなったドリッパーも安全に持ち運べるので、ペーパードリップでもドリッパーハンドルはつけておいても良いかもしれません。

フィールドコーヒーマスターのスペックはこちら

  • サイズ:200×130×190(h)mm
  • 重量:750g
  • 仕様:セット内容:本体、収納ケース
  • 材質:ステンレス、ガラス、真鍮
  • 容量:760ml
  • 価格:14,800円

コンパクトで便利なギアはデュオキャンプにも良さそう

フィールドコーヒーマスターパーツ一式

私はパートナーさんとのデュオデイキャンプがメインです。そんな私たちにもサイズ的にぴったりなのがフィールドコーヒーマスターです。

今はスノーピークのクラシックケトル1.8を使っています。クラシックケトルには注ぎ口にもフタがついているので、焚き火にそのまま突っ込んでも灰がケトル内に入らないので使いやすいのが特徴です。しかし、高さがあるのでバーナーで使うと多少不安定な感じがしていました。

フィールドコーヒーマスターは高さが低く、コンパクトなのでソロキャンプやデュオキャンプでも使いやすいかと思います。

キャンプ場でパーコレーターを使ってコーヒーを淹れた時の様子をまとめた記事はこちらです。

キャンプで実際に使ってみた!スノーピーク フィールドコーヒーマスター2020年12月に発売されたスノーピークの「フィールドコーヒーマスター」を、キャンプでパーコレーターを使ってコーヒーを淹れてみました。実際にキャンプサイトで必要だと感じたキャンプギアや気になったポイントをまとめてみました。...

人気商品で発売初日にスノーピーク公式サイトでは完売になっています。

他の大手ECサイトもチェックしてみてください。

スノーピーク以外のキャンプギアの総合情報サイト「にんじんキャンプブログ」はこちら↓

にんじんキャンプブログこちら

スノピ好きデイキャンパー
にんじん
パートナーさんとのデイキャンプを中心に楽しんでいます。 スノピギアが増えてきたので、せっかくなのでこれまでの知識や感想を皆さんにお伝えして、購入の参考になればと思っています。
\ Follow me /