記事のカテゴリー

ブラックトラメジーノ!?Mt.SUMIのホットサンドメーカー

Mt.SUMIとsnow peak のホットサンドメーカー比較

にんじん

デイキャンプをパートナーさんと楽しみながら、スノーピークのキャンプ道具や最新情報をブログ記事にしています。 スノーピーク好き、デイキャンプ好きの方に、特に役立つ情報を発信しようと日々頑張っています! レザークラフトも趣味で行っています。売れるグッズを作ろうと日々模索中。

スノーピークのトラメジーノは、ホットサンドクッカーとしてだけでなく、本体とふたを分離させることで、小さなフライパンとして他の料理にも代用できることが特徴です。機能性はほとんど同じながら、価格を抑えた三角形ホットサンドメーカーがMt.SUMIから発売されていましたので、それぞれの違いを比較してみます。

この記事では、

三角形のホットサンドメーカーが欲しい!
ホットサンド以外にも調理できるホットサンドメーカーはあるの?

といった方におすすめのホットサンドメーカーをご紹介します!

スノーピークからはホットサンドクッカー「トラメジーノ」として以前から発売されています。

私も愛用していて、さっと朝ごはんを作って食べたいときに、あったかいホットサンドを簡単に作れることが魅力のキャンプ道具です。

四角形のホットサンドが作れる、スノーピークらしい機能美あふれるキャンプ道具ですが、Mt.SUMIから三角形のホットサンドを簡単に作れる「ホットサンドメーカー」が発売されていました!

今回は、両者の違いを比較してみたいと思います。

 
 

デザインは「ブラックトラメジーノ」

ブラックなトラメジーノ

出典:Mt.SUMI公式サイト

Mt.SUMIのホットサンドメーカーは、1度に4つの三角形のホットサンドを作ることができるようデザインされています。

三角形のホットサンドが作れる

出典:Mt.SUMI公式サイト

包丁がなくてもパンを挟むだけで四つのホットサンドを作れるので、簡単に多くのホットサンドを作れることが特徴です。

同じ具材のものを4つでも良いですし、それぞれ具材の違うホットサンドにすれば、それだけで料理の品が増えてキャンプ飯もより楽しむことができます。

また、ふたは取り外すことができるので、お皿を使うのが億劫な場合はそのままホットサンドメーカーをお皿がわりに使うこともできます。

ふたが外れることで、ホットサンドメーカーが洗いやすくなっています。

収納はコンパクトに!収納ケースも付属する

取っ手を折り畳める

出典:Mt.SUMI公式サイト

Mt.SUMIのホットサンドメーカーは、取っ手部分を写真ように本体に沿わせるような形に折り畳むことができます。

柄の長いホットサンドメーカーも他社から多く販売されていますが、収納する際は邪魔になることもあります。(柄が長いのでそのまま焚き火に入れられるというメリットもあります。)

Mt.SUMIのホットサンドメーカーなら、折り畳むと幅21cm、奥行き18cmとコンパクトになるため、収納や持ち運びにも便利です。

専用の収納ケースも付属する

出典:Mt.SUMI公式サイト

また、専用の収納ケースも付属してくるため、汚れやすい調理器具を収納する際も他のキャンプ道具を汚さないで済むのも嬉しいポイントです。

スノーピークのトラメジーノも機能美あふれるデザイン

トラメジーノのデザイン

出典:snow peak公式サイト

一方、スノーピークのホットサンドクッカー「トラメジーノ」も、Mt.SUMI同様の機能美あふれるデザインが特徴です。

トラメジーノもふたを外すことができる

出典:snow peak公式サイト

トラメジーノもMt.SUMIのホットサンドメーカーと同様に、ふたを取り外すことができます。

取っ手を折りたたんで収納できる

出典:snow peak公式サイト

また、こちらも同様に取っ手を折りたたんで収納することができるので、収納場所に困らないのも嬉しいポイントです。

四角形のホットサンドが二つ作れる

出典:snow peak公式サイト

トラメジーノはくぼみの形が四角形のため、出来上がるホットサンドも基本は四角形になり、1度に二つのホットサンドを作ることができます。

他の料理にも使うことができる

出典:snow peak公式サイト

また、くぼみが大きめなので、ホットサンド以外にもお肉を焼いたり他のちょっとした料理にも使うことができます!

広告

夏場の扇風機にも、冬場の電気毛布でも使える!防災用品のアフィリエイトなら、高単価ポータブル電源【PowerArQ】

両ホットサンドクッカーの違い

三角形のホットサンドが作れる
四角いホットサンドが作れる

デザインは似たような両者のホットサンドクッカーですが、主な違いとしては、

ポイント

  • 出来上がるホットサンドの形が違う!
  • 付属してくる収納ケースが違う!
  • 他の使い方ができるかどうかが違う!
  • 価格が違う!

といった点が挙げられます。

出来上がるホットサンドの形が違う

三角形のホットサンドが作れる

Mt.SUMIであれば三角形のサンドになる

四角形のホットサンドが二つ作れる

トラメジーノであれば四角形のサンドになる

見た目で違うポイントとして、両者では出来上がるホットサンドの形状が異なります。

Mt.SUMIのホットサンドメーカーでは三角形のサンドが1度に4つできるのに対し、スノーピークのトラメジーノは四角形のサンドが2つ出来上がります。

好みの問題もありますが、Mt.SUMIであれば、一度に具材違いのホットサンドが4つ作れますし、スノーピークのトラメジーノであれば大きめで具材たっぷりのホットサンドを2つ作ることができます。

付属してくる収納ケースが違う

専用の収納ケースも付属する

Mt.SUMIならジップ付きの収納ケースが付属する

四角いホットサンドが作れる

トラメジーノでは帆布の収納袋が付属する

また、細かな点ですが、両者では付属してくる収納ケースも異なります。

Mt.SUMIでは、ジップ付きで持ち手のついた収納ケースが付属します。

ホットサンドメーカー専用設計ですが、調味料くらいなら入りそうです。

一方トラメジーノに付属してくるのは帆布製の収納袋です。収納袋の横幅はトラメジーノに合わせてあまり遊びのないくらいぴったりサイズなので、トラメジーノ以外のものはあまり収納できそうにありませんでした。

他の使い方ができるかどうかが違う

三角形のホットサンドが作れる
他の料理にも使うことができる

Mt.SUMIの場合、1つ1つのくぼみがそこまで大きくないため、基本的にホットサンド専用のメーカーです。

一方、トラメジーノは幅と奥行きのある長方形のくぼみが2つあるので、目玉焼きを焼いたりちょっとした料理をすることができます。

洗い物を少なくすることにもつながるため、トラメジーノ1つで色々なアレンジ料理を楽しむこともできます。

価格が違う

Mt.SUMIのホットサンドメーカーは、専用のしっかりとした収納ケースも付属して価格は税込4,730円です。

一方、スノーピークのトラメジーノは、帆布性の収納袋が付属して税込8,030円となっています。

倍までとはいきませんが、圧倒的にMt.SUMIの方が安い結果でした。

広告

コールマンの限定ランタンやスノーピークの雪峰祭限定アイテムも発売!

アウトドア用品【L-Breath】

両ホットサンドクッカーのスペックを比較

Mt.SUMIのホットサンドメーカーと、スノーピークのトラメジーノのスペックは以下のとおりです。

 Mt.SUMI ホットサンドメーカースノーピーク トラメジーノ
使用時サイズ215×520×35(h)mm190×330×30(h)mm
収納時サイズ215×180×35(h)mm210×190×30(h)mm
重量995g850g
素材スチール、アルミ、竹本体:アルミダイガスト(シリコン加工)、ハンドル:ステンレス、グリップ:竹集成材
価格(税込)4,730円8,030円

デザインだけでない使い勝手の違いも

今回は、デザインの似た2つのホットサンドクッカーをご紹介しました。

デザインは似ていますが、出来上がるホットサンドの形状が異なっていたり、他の料理が作れるかどうか等違いがありました。

どちらも使い勝手の良いホットサンドクッカーなので、お好みで自分に合ったものを選んでみてください!

今回ご紹介したキャンプ道具はこちら↓

 
 

現在ハンドメイドアイテムのECサイトCreemaで「Ninjin Leather Factory」のもと発売中です。

よろしければこちらものぞいてみてください!

なお、ノクターン保護カバーで使用しているレザー「ブライドルレザー」については、こちらの記事でその特徴をまとめていますので、こちらも参考にしてみてください!

こちらもCHECK

Ninjin Leather Factory
スノーピークギアに合わせたレザーアイテム専門店【Ninjin Leather Factory】 オープン!

スノーピーク好きの私が、スノーピークのあると便利そうなアイテムをレザーで作っています。これからアイテムのラインナップを増やしていく予定です!まずは手始めにスノーピークの「ギガパワーガス250」専用のカ ...

続きを見る

Creemaで探す!

Twitterをチェック!

インスタをチェック!

広告

リーズナブルながら高品質のオリジナルブランド「Hilander」をはじめ、多くの釣り用品とキャンプ道具を取り揃えるアウトドア用品とフィッシング用品の専門店 【アウトドア&スポーツ ナチュラム 】

 

  • この記事を書いた人

にんじん

デイキャンプをパートナーさんと楽しみながら、スノーピークのキャンプ道具や最新情報をブログ記事にしています。 スノーピーク好き、デイキャンプ好きの方に、特に役立つ情報を発信しようと日々頑張っています! レザークラフトも趣味で行っています。売れるグッズを作ろうと日々模索中。

Copyright ©スノーピークが好き , All Rights Reserved.