記事のカテゴリー

SOTO新型スライドガストーチは買い替えるべき!?7つの違いを徹底チェック!

2023年5月27日

SOTOスライドガストーチ

にんじん

デイキャンプをパートナーさんと楽しみながら、スノーピークのキャンプ道具や最新情報をブログ記事にしています。 スノーピーク好き、デイキャンプ好きの方に、特に役立つ情報を発信しようと日々頑張っています! レザークラフトも趣味で行っています。売れるグッズを作ろうと日々模索中。

2023年4月にいよいよ一般販売開始となったSOTOの新型スライドガストーチ!今までのガストーチと何が違うのか?すでに持っている方も多いと思いますので、新型に買い替えるべきか?お悩みの方に現行品との違いを徹底的に調べました!

11年の時を経て、多くのキャンパーさんに愛されてきたSOTOのスライドガストーチが、装いも新たについに進化して登場しました!

キャンパーさんからの意見をふんだんに取り入れた進化ポイントがたくさんありますので、今回は新型スライドガストーチの現行品との違いも含め、改めてSOTOの魅力に迫ります!

現在ハンドメイドアイテムのECサイトCreemaやminneで「Ninjin Leather Factory」のもと発売中です。

スノーピークギアに関連したアイテムをレザークラフトで製作しています。

このギアの収納ケースがあればいいのに!という方は一度はのぞいてみてください!

Creemaで探す!

Twitterをチェック!

インスタをチェック!

広告

リーズナブルながら高品質のオリジナルブランド「Hilander」をはじめ、多くの釣り用品とキャンプ道具を取り揃えるアウトドア用品とフィッシング用品の専門店 【アウトドア&スポーツ ナチュラム 】

新型スライドガストーチST-487とは?

SOTOスライドガストーチ

参照:ナチュラム

2023年春、SOTOはこの「スライドガストーチ」の新型ST-487を発表しました。

新型スライドガストーチも、使用時はノズルを伸ばして安全に、収納は縮めてコンパクトにという特徴があります。

今回の新型スライドガストーチでは、内部構造や吸気口の位置などを変更し、耐久性が高められています。

スライドガストーチの強力な耐風バーナー

花火にも着火

参照:ナチュラム

SOTOのスライドガストーチ最大の特徴は、その強力な耐風バーナーです。

炎温度はなんと1,300℃に達し、さまざまなものに安全に着火することが可能です!

新型スライドガストーチのデザイン

スライド

参照:ナチュラム

新型のスライドガストーチは、その機能性だけでなく、スタイリッシュなデザインも魅力的です。

現行品は新型と比較して丸みを帯びたデザインで、持った際の手の馴染みやすさも考慮された機能美あふれるデザインでした。

新型スライドガストーチモノトーンの色合いは、洗練された印象を与え、マッドな仕上がりはどこか高級感があり、どんなアウトドアシーンにもマッチするかと思います。

新型スライドガストーチST-487と現行モデルST-480Cの違い

開口部

参照:ナチュラム

新型スライドガストーチST-487と現行モデルST-480Cとの違いは、以下のように7つのポイントがあります。

  1. 火口カバーの改良: 新型ST-487では、火口カバーが開閉式になりました。これにより、焚き火に火口を差し込む際に製品内部のリード線が損傷し、漏電する問題を防ぐことができます。
  2. ノズルの詰まり解消: 新型では、火口付近からではなく、本体カバーの底部や本体カバー樹脂部品の隙間から吸気することで、着火する対象物から発生した煙等の影響を受けにくくしました。これにより、ノズルの詰まりが発生する可能性が低くなりました。
  3. 火口パイプの固定方法強化: 新型では、火口パイプを固定する構造部を強化し、パイプがひねられにくい構造に変更しました。これにより、火口パイプの径も太くなりました。
  4. バルブ構造の変更: 新型では、バルブが一回り大きな部品に変更されました。これにより、バルブの持つ熱でガスの気化を促し、消火性能が向上しました。
  5. モルトの詰まり対策: 新型では、タンク内部に「活性炭」と呼ばれるフィルターを追加することで、燃料自体に含まれる不純物を吸着させ、モルトの劣化を抑制しました。
  6. 点火ボタンの改良: 新型では、点火ボタンが押しやすい形状にアップデートされました。プッシュ面が斜めになり、より力を入れやすい形状になりました。
  7. デザインの一新: 新型では、各所の形状の微調整を行いつつ、現行品のDNAを引き継ぎ、新しさを感じるデザインに生まれ変わりました。

これらの改良により、新型スライドガストーチST-487は、より使いやすく、耐久性が高く、見た目も洗練された製品となりました。

これだけの細かな改良をしながらも、お値段は現行品と比較して330円しか違いはありません!

まとめ

SOTOスライドガストーチ

参照:ナチュラム

現行モデルのスライドガストーチST-480Cの価格は税込みで2,420円で、一方、新型のスライドガストーチST-487の価格は税込みで2,750円となっています。

これらの価格を比較すると、新型の方が330円高いことがわかります。

しかし、多くの改良が施されており、デザインを初め使い勝手は現行品と比較して更なる飛躍をしたと言って良いかと思います。

一方で、使用できるガスはCB缶やOD缶(別途アダプターが必要)を始め、ライター用のガスが使用できるのは新型でも変わらないため、買い替えのハードルも小さいのではないでしょうか!

キャンプでの必需品であるガストーチやライターは、使用頻度も高いためその使用感の良し悪しがキャンプの質にも影響してきます。

スライドガストーチとして確固たる地位を築き上げてきたSOTOの自信作「スライドガストーチST-487」をぜひ購入検討してみてはいかがでしょうか!

今回ご紹介したキャンプギアはこちら⇩

現在ハンドメイドアイテムのECサイトCreemaやminneで「Ninjin Leather Factory」のもと発売中です。

スノーピークギアに関連したアイテムをレザークラフトで製作しています。

このギアの収納ケースがあればいいのに!という方は一度はのぞいてみてください!

Creemaで探す!

Twitterをチェック!

インスタをチェック!

広告

リーズナブルながら高品質のオリジナルブランド「Hilander」をはじめ、多くの釣り用品とキャンプ道具を取り揃えるアウトドア用品とフィッシング用品の専門店 【アウトドア&スポーツ ナチュラム 】

 

  • この記事を書いた人

にんじん

デイキャンプをパートナーさんと楽しみながら、スノーピークのキャンプ道具や最新情報をブログ記事にしています。 スノーピーク好き、デイキャンプ好きの方に、特に役立つ情報を発信しようと日々頑張っています! レザークラフトも趣味で行っています。売れるグッズを作ろうと日々模索中。

-ヒーティング, 小物類, 最新情報
-,