記事のカテゴリー

スノーピークの福袋「野遊びセット」全種類解説!おすすめ販売サイトもご紹介!

にんじん

デイキャンプをパートナーさんと楽しみながら、スノーピークのキャンプ道具や最新情報をブログ記事にしています。 スノーピーク好き、デイキャンプ好きの方に、特に役立つ情報を発信しようと日々頑張っています! レザークラフトも趣味で行っています。売れるグッズを作ろうと日々模索中。

ついに情報解禁となったスノーピークの福袋「野遊びセット」!2022年新年早々の争奪戦必須のスノーピーク大人気福袋の中身をご紹介します!また、スノーピーク公式サイトだけ狙うのは勿体無い!野遊びセットを購入できるサイトも併せてご紹介します!


この記事では、

割引率から最もお得な野遊びセットはどれ?
争奪戦に勝てそうもないので、どこかおすすめのサイトないの?

といった疑問にメインにお答えしています。

ついに2022年最新のスノーピーク「野遊びセット」の中身が公開されました!

毎年行われるスノーピークの野遊びセットの販売ですが、今年は大型テント等の高額商品がなく、どれもお買い求めしやすいので争奪戦は必至です!

そこで、割引率から各アイテムの詳細を、レビューを交えてご紹介しますので、スノーピーカーである私からみたおすすめの野遊びセットをご紹介します。

また、この記事での最後では、スノーピーク公式サイト以外でも野遊びセットが発売されるかもしれないおすすめの穴場サイトもご紹介しますので、最後までお読みいただけると嬉しいです!

ポイント

    遅れて登場した野遊びセットを追加しました!(R3.12.30)

広告

au PAY ふるさと納税


 

全ての野遊びセットを残らずチェック!

スノーピークでロースタイルキャンプに合うテーブルとチェアの組合せ

2022年の野遊びセットは、以下の10種類です。

  • ローチェア 30 ブラウン ペアセット
  • ローチェア 30 カーキ ペアセット
  • Take!チェアロングセット
  • ステンレス真空マグ 300セット
  • ステンレス真空マグ 450セット
  • トラメジーノセット
  • ファミリーシェラフセット
  • フィールドブロワセット
  • 焚火台SRセット
  • マルチコンテナセット

スノーピークの定番アイテムから、今年発売された最新アイテムまで気になるアイテムが多いです。

また、普段ならテントと専用のフロアセット等、高額なアイテムも販売されていましたが、今年は一番高いものでも3万円ほどなので、欲しかったアイテムがある方は、この機にお得にゲットできるチャンスです。

ちなみに2021年の野遊びセットで私が購入した、上の写真のIGTスリムとローチェア ショートは、キャンプでは欠かさず使っている定番アイテムとなりました。

ということで、1つ1つの野遊びセットの中身をご紹介します!

ローチェア 30 ブラウン ペアセット

ローチェア30ブラウン ペアセット

毎年発売されていると言っていいほど、野遊びセットの定番品となっているローチェア 30が今年も登場します!

家族やデュオキャンプでも使いやすいよう、2脚同カラーがセットになっています。

ブラウンは色が濃いため、汚れも目立ちにくく、キャンプにはうってつけです。

ローチェア30にオプションパーツを装備

背もたれがローチェア ショートよりもかなり大きいため、体重を背もたれにしっかりと預けることができ、まさに立ち上がるのが億劫になるリラックスローチェアです。

一方で、ローチェアは膝をかなり曲げて座ることになるので、姿勢的に立ち上がりにくいことが弱点でもありました。

ローチェア30に座った時の写真

しかし、ローチェア30は、ローチェアながらしっかりとしたシートによりお尻の沈み込みが少ないため、ローチェアの弱点であった立ち上がりにくさを克服したローチェアです。

加えて持ち運び時は折り畳むことができるので、持ち運びや収納しやすいことも特徴です。

そんな機能性の高いローチェア30が2脚セットになっているので、こちらはかなりおすすめです。

さらに、割引率も約20%オフと、他の野遊びセットと比較すると割引率が高いのも嬉しいところです!

その他実際に使ってみた使用感も含め、こちらの記事で購入前に知っておきたいローチェアの特徴をまとめてみました。

こちらもチェックしてみてください!

こちらもCHECK

ローチェア30に座った時の写真
【購入レビュー】美しいだけでなく立ち上がりやすいスノーピーク ローチェア30

ロースタイルキャンプとの相性抜群のスノーピーク「ローチェア30」は、組立ての手軽さとデザインだけが魅力ではありません。私が感じたのは、座った時の沈み込みが少ない ...

続きを見る

アームレストは必須
参考【比較】スノーピークのローチェア選びで迷ってる方への本音

スノーピークの「ローチェア 30」と「ローチェア ショート」を購入したのでそれぞれの特徴と比較をしてみました。結論、座り心地をはじめ、6つの違いがありました。こ ...

続きを見る

ローチェア30の前方の脚
参考【購入レビュー】ローチェア30とTake!チェアロングの違いを徹底解説

スノーピークから販売されている2種類のキャンプチェア「ローチェア30」と「Take!チェアロング」の違いを購入者目線でレビューします。それぞれのキャンプチェアの ...

続きを見る

メッシュローチェア30 リッチブラックの特徴
参考Amazon限定スノーピークローチェア30はカラーの違いだけじゃない!?違いを解説

スノーピークのローチェアの中でも、しっかりした座面と背もたれが大きいためにキャンプや自宅でも使いやすいことで人気の「ローチェア30」に、Amazon限定の「メッ ...

続きを見る

ローチェア30のスペック

  • サイズ:58×65×86(h)cm
  • 重量:3.6kg
  • 収納サイズ:16×18×101(h)cm
  • セット内容:本体、収納ケース
  • 材質:フレーム/アルミニウム合金、肘掛け/竹集成材、金具/ステンレス、シート/ポリエステル 
  • 通常価格(税込):17,600円

ローチェア30ブラウンペアセットを公式サイトで探す!

ローチェア 30 カーキ ペアセット

ローチェア30カーキ ペアセット

上のローチェア30ブラウン ペアセットのカーキバージョンです。

シートカラーが異なるだけで、スペックはブラウンと全く同じです。

カラーは好みやご自身のキャンプサイトに合わせた方を選ぶと良いかと思います。

こちらも割引率は約20%もあるので、おすすめの野遊びセットです!

こちらもCHECK

ローチェア30に座った時の写真
【購入レビュー】美しいだけでなく立ち上がりやすいスノーピーク ローチェア30

ロースタイルキャンプとの相性抜群のスノーピーク「ローチェア30」は、組立ての手軽さとデザインだけが魅力ではありません。私が感じたのは、座った時の沈み込みが少ない ...

続きを見る

アームレストは必須
参考【比較】スノーピークのローチェア選びで迷ってる方への本音

スノーピークの「ローチェア 30」と「ローチェア ショート」を購入したのでそれぞれの特徴と比較をしてみました。結論、座り心地をはじめ、6つの違いがありました。こ ...

続きを見る

ローチェア30の前方の脚
参考【購入レビュー】ローチェア30とTake!チェアロングの違いを徹底解説

スノーピークから販売されている2種類のキャンプチェア「ローチェア30」と「Take!チェアロング」の違いを購入者目線でレビューします。それぞれのキャンプチェアの ...

続きを見る

メッシュローチェア30 リッチブラックの特徴
参考Amazon限定スノーピークローチェア30はカラーの違いだけじゃない!?違いを解説

スノーピークのローチェアの中でも、しっかりした座面と背もたれが大きいためにキャンプや自宅でも使いやすいことで人気の「ローチェア30」に、Amazon限定の「メッ ...

続きを見る

ローチェア 30 カーキペアセットを公式サイトで探す!

Take!チェアロングセット

野遊びセット2022Take!チェアロングセット

こちらの野遊びセット2022Take!チェアロングセットは、Take!チェアロング、ローチェアクッション プラス、Myテーブル竹がセットになっています。

これらのセットを組み合わせれば、キャンプでの快適なリラックス環境を整えることができます。

Take!チェアロングのキャンプでの使用例

Take!チェアロングは、頭まですっぽりと支えてくれる大きな背もたれと、お尻の深い沈み込みにより、スノーピークから発売されているどんなキャンプチェアよりもリラックスできます!

そんなTake!チェアに、枕として使えるローチェアクッションプラスがセットになれば、極上なリラックス環境を整えることができます。

また、Myテーブル竹は、コーヒーマグカップやスマホをちょっと置きたい時にちょうど良いテーブルの高さなので、こちらもTake!チェアとセットで使うことをおすすめします。

こちらもローチェア30 ペアセットと同様に割引率は約20%となっているので、リラックスチェアが欲しかった方には野遊びセット2022Take!チェアロングセットを断然おすすめします!

Take!チェアの購入前にチェックしておきたいポイントをまとめた記事はこちらです。Take!チェアはリラックスできる反面、収納サイズはかなり大きいので、持ち運びに便利なおすすめアイテムをご紹介しています。

こちらもCHECK

購入して比較したスノーピークTake!チェアロングとヘリノックス チェア

スノーピークのTake!チェア ロングと、ヘリノックスのタクティカルチェア ツーを購入した私が、それぞれの特徴と座り心地を比較してみました。どちらも背もたれの長 ...

続きを見る

ローチェア30の前方の脚
参考【購入レビュー】ローチェア30とTake!チェアロングの違いを徹底解説

スノーピークから販売されている2種類のキャンプチェア「ローチェア30」と「Take!チェアロング」の違いを購入者目線でレビューします。それぞれのキャンプチェアの ...

続きを見る

Take!チェアロングのスペック

  • サイズ:595×800×950(h)mm(シート高360mm)
  • 重量:3.5kg
  • 収納サイズ:100×150×1,280mm
  • 材質:フレーム/竹集成材・アルミニウム合金、金具/ステンレス、シート/綿帆布(6号) 
  • 通常価格(税込):21,780円

ローチェアクッション プラスのスペック

  • サイズ:53×23×10cm
  • 重量:220g
  • 材質:生地/ポリエステル、中綿/ポリエステル
  • 通常価格(税込):3,520円

Myテーブル 竹のスペック

  • サイズ:450×335×385mm、 天板サイズ:450×300×12mm
  • 重量:1.8kg
  • 収納サイズ:450×335×72mm
  • セット内容:本体、カバー
  • 材質:天板/竹集成材、スタンド/アルミニウム合金(アルマイト加工)、カバー/ポリエステル 
  • 通常価格(税込):12,650円
 
 
 

野遊びセット2022Take!チェアロングセットを公式サイトで探す!

広告

まずは無料登録を!アニメ観るなら<U-NEXT>

ステンレス真空マグ 300 セット

ステンレス真空マグ300セット

続いては、デュオキャンプで特に使いやすい、ステンレス真空マグ300とダブルマグ300用のシリコンリッド(フタ)の2セットアイテムです。

真空二重構造でできたステンレスのマグカップは、その保温性能の高さと汚れてもさっと洗い流せる特徴から、多くのキャンパーさんに使われているスノーピークの人気マグカップです。

こちらのステンレス真空マグ300は、下のステンレス真空マグ450にピッタリとスタッキングして収納できるサイズ感です。

ステンレス真空マグ300は、通常販売時の価格がそこまで高額ではないですが、それでもローチェアペアセットやTake!チェアセットと同等以上の20%ちょっとの割引率です。

ステンレス真空マグ300のスペック

  • サイズ:φ73.4×90.3(h)mm
  • 重量:110g
  • 容量:300ml
  • 材質:ステンレス
  • 通常価格(税込):3,773円

ダブルマグ300用シリコーンリッドのスペック

  • サイズ:φ80×20mm
  • 重量:30g
  • 材質:シリコーンゴム
  • 通常価格(税込):572円
 
 

ステンレス真空マグ300セットを公式サイトで探す!

ステンレス真空マグ 450 セット

ステンレス真空マグ450セット

こちらは、上でご紹介したステンレス真空マグ300のマグカップの容量が450mLに大きくなったサイズ違いバージョンです。

セットになっているリッド(フタ)もマグカップのサイズに合ったものがセットになっています。

ステンレス真空マグ450のスペック

  • サイズ:Φ87.6×95.2(h)mm
  • 重量:135g
  • 容量:450ml
  • 材質:ステンレス
  • 通常価格(税込):4,620円

ダブルマグ450用シリコーンリッドのスペック

  • サイズ:φ90×20mm
  • 重量:37g
  • 材質:シリコーンゴム
  • 通常価格(税込):770円
 
 

ステンレス真空マグ450セットを公式サイトで探す!

広告

アウトドアレジャーの予約なら割引のある日本最大級のレジャー総合情報サイト「asoview!(アソビュー)」 がおすすめ!

トラメジーノセット

野遊びセット2022トラメジーノセット

トラメジーノセットは、ホットサンドを作るのに便利なトラメジーノと、焚き火対応のミトンがセットになっています。

トラメジーノには持ち手の部分に竹集成材が使用されています。

ファイヤーサイドグローブ ブラウン

調理でトラメジーノを使うときに、持ち手が厚くて持てないというほどではないですが、ミトンがあると料理だけでなく、焚き火の際も便利です。

割引率は、こちらも約20%ほどになっています。

トラメジーノのスペック

  • サイズ:190×330×30mm(最大)
  • 重量:850g
  • 収納サイズ:210×190×30(h)mm
  • 材料:本体/アルミダイカスト(シリコン加工)・金属、ハンドル/ステンレス、グリップ/竹集成材
  • 通常時価格(税込):8,030円

キャンパーズミトンのスペック

  • サイズ:220×260mm
  • 重量:230g
  • 材質:牛革、綿、ポリエステル
  • 通常価格(税込):4,180円
 
 

トラメジーノセットを公式サイトで探す!

ファミリーシェラフセット

野遊びセット2022 ファミリーシュラフセット

ファミリーシェラフセットは、スノーピークから発売されているシェラフ(寝袋)の中でも、最も安価なシェラフである「SSシングル」が、4つセットになっています。

夏場の掛け布団代わりにちょうど良い薄さです。

スノーピークから発売されている全シェラフをまとめてみました。

また、シェラフの選び方から知りたい!という方のために、シェラフを選ぶ際のポイントもまとめていますので、シェラフ選びにお困りの方は必ずチェックを!

こちらもCHECK

スノーピークの全シェラフまとめ
スノーピークの全シェラフ徹底比較!シーズン別のおすすめをご紹介

冬キャンプはもちろん、一年を通じてキャンプで必要なキャンプ道具の1つが「シェラフ(寝袋)」です。スノーピークから販売されているシェラフ全9種類のスペックの違いを ...

続きを見る

SSシングルのスペック

  1. サイズ:78×196㎝
  2. 重量:1.8kg
  3. 収納サイズ:49×38×20㎝
  4. 快適温度:13度、下限温度:5度
  5. 材質:表地/68Dポリエステル、裏地/68Dポリエステル、中綿/ポリエステル
  6. 通常価格(税込):5,478円

ファミリーシェラフセットを公式サイトで探す!

フィールドブロワセット

野遊びセット2022 フィールドブロワセット

フィールドブロワセットは、ブロワとしても簡易的な掃除機としても使用できるフィールドブロワと、ブロワ等のキャンプ道具を収納するのに便利なマルチコンテナMがセットになっています。

ブロワというと、公園の掃除とかで落ち葉を勢いよく飛ばしているイメージ(?w)ですが、私のおすすめの使い方は焚き火の火付けに使う方法です。

詳しくはこちらの記事に書いていますが、今までうちわや火吹き棒で一生懸命焚き火の火付けをすることが大変だと感じていた方には、間違いなくおすすめのキャンプ道具です!

こちらもCHECK

フィールドブロワのコンパクトな外観
スノーピーク「フィールドブロワ」の購入前に知っておくべきポイント

2021年スノーピーク最新カタログに掲載されている新しいキャンプ道具「フィールドブロワ」が発売されました。早速購入してみたのでレビューします。以前から発売されて ...

続きを見る

フィールドブロワで簡単火付け
参考焚き火の火付けが圧倒的に楽になる!スノーピークのフィールドブロワレビュー

先日購入したスノーピークの「フィールドブロワ」をデイキャンプで使ってみました。掃除道具として使うのはもちろんですが、焚き火の火付けにブロワから排気される風を利用 ...

続きを見る

フィールドブロワには、ブロワの吸引力を利用した簡易的な掃除機がわりにもできるよう、フィールドブロワ専用のダストバッグも付属してきます。

吸引力は一般的な掃除機には劣りますが、コーヒー豆をこぼしてしまったとき等に大活躍してくれます!

また、マルチコンテナMも使っています。

マルチコンテナSにペグやハンマーを入れた写真

私は普段ペグケースとして、ソリッドステーク20や30に加え、ペグハンマーを入れています。

ベルポーレンが入っている

マルチコンテナの底部には、取り外しできるベルポーレンと呼ばれる耐久性に優れた板が敷かれています。

汚れからマルチコンテナを守ったり、型崩れを防いでくれます。

フィールドブロワセットも、やはり通常価格より20%ほどお安く購入することができます。

焚き火をする方にはおすすめしたいセットアイテムです!

フィールドブロワのスペック

  • サイズ:517×156×210mm(バッテリ除く)
  • 重量:1.3kg(バッテリ除く)
  • セット内容:本体、ダストバッグ、ノズル
  • 材質:本体/ポリアミド、熱可塑性エラストマー
  • 使用電源:リチウムイオンバッテリー18V…BL1860B,1850/B・1840・1830/B,BL1820B・1815N 
  • バッテリ電圧:18V
  • 連続使用時間:(弱)/約80分、(中)/約30分、 (強)/約13分(BL1830B)
    ※強/中/弱モード切替
  • 風量:0~3.2㎥/min
  • 風速:0~98m/s
  • 通常価格(税込):13,090円

ちなみに、フィールドブロワセットと言ってはいますが、フィールドブロワに必須のバッテリーや充電器は付属してきません!

必ずこちらも購入する必要がありますので、ご注意ください!

マルチコンテナMのスペック

  • サイズ:440×160×150(h)mm
  • 重量:880g
  • 材質:綿帆布(6号・パラフィン・PU加工)、アクリルテープ(中芯:PP)、樹脂板、ナイロンメッシュ、プラスチック
  • 通常価格(税込):6,490円
 
 
 
 

フィールドブロワセットを公式サイトで探す!

焚火台SRセット

野遊びセット2022 焚火台SRセット

焚火台SRセットは、2021年に発売されたソロキャンパーさん向けの小型焚火台である焚火台SR、炭や薪を扱う際に便利な火ばさみとキャンパーズミトンがセットになっています。

焚火台SRセットは、まだ焚火台をお持ちでない方や、スノーピークや他の焚火台を持っている方で、ソロキャンプの時にただ焚き火を楽しみたいときに使う焚火台が欲しいという方におすすめのセットです。

こちらのセットも通常価格から20%ほどお安く購入できます。

実際に焚火台SRを購入してそのサイズ感を確認してみました。

単にソロキャンプ用に買うと思わぬ落とし穴がありそうだったので、焚火台SRの購入を検討される方は是非こちらの記事をチェックしてみてください!

ちなみに私は手放しました。

こちらもCHECK

焚火台SRに薪を乗せたところ
スノーピーク【焚火台SR】ソロキャンプではなく誰向き?購入レビュー

2021年4月に発売されたばかりのスノーピーク「焚火台SR」は、サイズ感はソロキャンプ向きです。しかし、実際に組み立ててみて分かったのは、ソロキャンプというより ...

続きを見る

参考スノーピークの焚火台Mはソロ/デュオキャンプでの料理なら断然おすすめ

先日購入したスノーピークの「焚火台M」で何度か調理してみましたが、サイズ的にぴったりでした。実際に使った時の使い心地を含め、レビューしていますのでスノーピークの ...

続きを見る

焚火台SRのスペック

  • サイズ:480×265×385(h)mm
  • 重量:4.3kg(収納ケースを除く)
  • 収納サイズ:455×265×60(h)mm
  • セット内容:本体、脚パーツ、ベースプレート、収納ケース
  • 材質:本体、脚パーツ、ベースプレート/ステンレス、収納ケース/ポリエステル
  • 通常価格(税込):15,400円

火ばさみのスペック

  • サイズ:40×405×25mm
  • 重量:200g
  • 材質:本体/ステンレス、グリップ/ビーチ材
  • 通常価格(税込):2,090円

キャンパーズミトンのスペック

  • サイズ:220×260mm
  • 重量:230g
  • 材質:牛革、綿、ポリエステル
  • 通常価格(税込):4,180円
 
 
 

焚火台SRセットを公式サイトで探す!

広告

まずは無料登録を!アニメ観るなら<U-NEXT>

マルチコンテナセット

野遊びセット2022 マルチコンテナセット

マルチコンテナセットは、マルチコンテナのサイズSとMのセットです。

上でもご紹介したとおり、私はMサイズをペグケースとして使っています。

生地がかなりしっかりしているので、ペグを入れておいても破れる心配がありません。

また、ベルポーレンと呼ばれる厚い板がコンテナ底部に入っているので、コンテナの耐久性アップとともに型崩れを防いでくれます。

中々コンテナは安くならないですが、こちらのセットも約20%オフで購入することができます。

マルチコンテナSのスペック

  • サイズ:340×140×150(h)mm
  • 重量:660g
  • 材質:綿帆布(6号・パラフィン・PU加工)、アクリルテープ(中芯:PP)、樹脂板、ナイロンメッシュ、プラスチック
  • 通常価格(税込):5,390円

マルチコンテナMのスペック

  • サイズ:440×160×150(h)mm
  • 重量:880g
  • 材質:綿帆布(6号・パラフィン・PU加工)、アクリルテープ(中芯:PP)、樹脂板、ナイロンメッシュ、プラスチック
  • 通常価格(税込):6,490円
 
 

マルチコンテナセットを公式サイトで探す!

キャンプソーラーチャージャー+キッチンテーブルセット

キャンプソーラーチャージャー+キッチンテーブルセット

カスタム性抜群のテーブルフレーム「アイアングリルテーブルフレーム」をはじめ、フレームとセットで購入したいウッドテーブルや脚がセットになって野遊びセットとして登場しました。

さらに、このセットにはスマホ等をどこでも充電できる「キャンプソーラーチャージャー」もセットになっています。

このソーラーチャージャーだけでも元が取れそうなくらいお得なセットです!

キャンプソーラーチャージャー+キッチンテーブルセット

ちなみにこちらのソーラーチャージャーは、アイアングリルテーブルのフレームにピッタリ収まるコンパクトなサイズになっています。

テーブルとして使用しないときは、写真のように安定したソーラーパネル置きとしてもフレームを使うことができるので便利です。

付属するアイアングリルテーブルの脚の長さは40cmのものがセットになっています。

ローテーブルとして使用する分にはちょうど良い高さですが、スノーピークでは他にも30cm、66cm、83cmの長さの脚が販売されていますので、自分の好みに応じてカスタマイズできるのも特徴です。

また、全てのセットが収納できる収納バッグ「マルチパーパストートバッグM」も付属するので、全てのセットをひとまとめにして持ち運ぶことができるようになっています。

そしてなんと!

こちらの「キャンプソーラーチャージャー+キッチンテーブルセット」の割引率は驚異の約45%!

アイアングリルテーブルの購入を検討されていた方には間違いなくおすすめの野遊びセットです!

モバイルソーラーチャージャーのスペック

  • サイズ本体:(バッテリーユニット)/約160×70×90(h)mm、ACアダプター/約113.8×65×32(h)mm、チャージャー用LEDバルブ/約φ50×81(h)mm、ソーラーパネル/コード長:約3m
  • 重量:本体(バッテリーユニット)/約1.1kg(バッテリー含む)、ACアダプター/約270g(電源コード除く)、チャージャー用LEDバルブ/約150g(ケーブル含む)、ソーラーパネル/コード長:約1.7kg(ケーブル含む)
  • 定格入力:DC19.5V(ACアダプター)/DC17.7V(ソーラーパネル)
  • DC出力端子:DC12V.2.0A(3端子合計)
  • USB-A型ポート出力:DC5V,1.0A
  • 内臓電池:ニッケル水素電池パック(3,100mAh)
  • 充電時間:約5時間(使い切った状態の電池をACアダプター充電する場合)
  • 通常価格(税込):27,280円

IGT アイアングリルテーブル フレームのスペック

  • サイズ:846×496×30(h)mm
  • 重量:4.2kg
  • ユニット:3ユニット
  • 材質:アルミニウム合金、ステンレス
  • 通常価格(税込):13,200円

IGT アイアングリルテーブル 400脚セットのスペック

  • サイズφ25×410mm
  • 重量0.25kg(×2)
  • 材質:ステンレス、樹脂
  • 通常価格(税込):4,180円

ウッドテーブル S竹のスペック

  1. サイズ:250×360×12mm
  2. 重量:0.8kg
  3. ユニット:1ユニット
  4. 材質:竹集成材
  5. 通常価格(税込):4,180円

リッドトレーハーフユニットのスペック

  1. サイズ:125×360×15(h)mm
  2. 重量:0.35kg
  3. ユニット:0.5ユニット
  4. 材質:ステンレス
  5. 通常価格(税込):2,200円

マルチパーパストートバッグMのスペック

  • サイズ:960 X 550mm
  • 重量:600g
  • 材質:ポリエステル(PVC加工)、PPテープ
  • 通常価格(税込):3,300円
 
 
 
 
 
 

キャンプソーラーチャージャー+キッチンテーブルセットを公式サイトで探す!

キャンプソーラーチャージャー+ロングキッチンテーブルセット

キャンプソーラーチャージャー+ロングキッチンテーブルセット

上の野遊びセットのうち、アイアングリルテーブルのロングバージョンがセットになっているのが、「キャンプソーラーチャージャー+ロングキッチンテーブルセット」です。

また、フレームが長くなったことに加え、ステンレス製のテーブル天板「ステンレストレー1ユニット」も追加でセットされています。

こちらのキャンプソーラーチャージャー+ロングキッチンテーブルセットも40%以上の割引率なので、テーブルが欲しかった方は必ずチェックを!

モバイルソーラーチャージャーのスペック

  • サイズ本体:(バッテリーユニット)/約160×70×90(h)mm、ACアダプター/約113.8×65×32(h)mm、チャージャー用LEDバルブ/約φ50×81(h)mm、ソーラーパネル/コード長:約3m
  • 重量:本体(バッテリーユニット)/約1.1kg(バッテリー含む)、ACアダプター/約270g(電源コード除く)、チャージャー用LEDバルブ/約150g(ケーブル含む)、ソーラーパネル/コード長:約1.7kg(ケーブル含む)
  • 定格入力:DC19.5V(ACアダプター)/DC17.7V(ソーラーパネル)
  • DC出力端子:DC12V.2.0A(3端子合計)
  • USB-A型ポート出力:DC5V,1.0A
  • 内臓電池:ニッケル水素電池パック(3,100mAh)
  • 充電時間:約5時間(使い切った状態の電池をACアダプター充電する場合)
  • 通常価格(税込):27,280円

IGT アイアングリルテーブル フレームロングのスペック

  • サイズ:1,096×496×30(h)mm
  • 重量:4.9kg
  • ユニット:4ユニット
  • 材質:アルミニウム合金、ステンレス
  • 通常価格(税込):14,850円

IGT アイアングリルテーブル 400脚セットのスペック

  • サイズφ25×410mm
  • 重量0.25kg(×2)
  • 材質:ステンレス、樹脂
  • 通常価格(税込):4,180円

ウッドテーブル S竹のスペック

  1. サイズ:250×360×12mm
  2. 重量:0.8kg
  3. ユニット:1ユニット
  4. 材質:竹集成材
  5. 通常価格(税込):4,180円

ステンレストレー 1ユニットのスペック

  1. サイズ:250×360×15(h)mm
  2. 重量:0.58kg
  3. 材質:ステンレス
  4. 通常価格(税込):3,740円

リッドトレーハーフユニットのスペック

  1. サイズ:125×360×15(h)mm
  2. 重量:0.35kg
  3. ユニット:0.5ユニット
  4. 材質:ステンレス
  5. 通常価格(税込):2,200円

マルチパーパストートバッグLのスペック

  • サイズ:1,220 X 550mm
  • 重量:0.85kg
  • 材質:ポリエステル(PVC加工)、PPテープ
  • 通常価格(税込):3,740円
 
 
 
 
 
 
 

キャンプソーラーチャージャー+ロングキッチンテーブルセットを公式サイトで探す!

諦めるのは早い!公式サイト以外も狙い目!

基本的には各野遊びセットを定価で購入しようとすると、スノーピーク公式サイトで購入する必要がありますが、公式以外の通販サイトでも「定価」で野遊びセットを購入できるサイトもあります。

なお、以下のサイトでは「2021年」の野遊びセットが販売されていました。2021年12月の段階で、2022年の野遊びセットは商品として登録されていませんが、年始早々に確認すると販売されているかもしれません!

スノーピーク公式サイトで会員登録した上で購入すると、スノーピークポイントが貯まるのでまずは公式サイトでの購入をおすすめしますが、野遊びセットはかなりの人気アイテムです。

公式サイトで購入できなかった場合は、すぐにこちらのサイトでも野遊びセットの在庫があるかチェックしてみてください!

L-Breath(エルブレス)オンラインストア

エルブレスオンラインショップ

出典:三井ショッピングパーク

首都圏を中心に実店舗を展開するアウトドア用品店のオンラインショップ「エルブレスオンラインストア」です。

スノーピークのキャンプ道具をはじめ、コールマンの限定ランタンの抽選販売等も行なっているので、公式サイトに在庫がない場合やセール中の買い物におすすめのサイトです。

naturum(ナチュラム)

naturum(ナチュラム)は、リーズナブルながら品質の高さと使い勝手の良さでキャンパーさんの間で人気の「Hilander(ハイランダー)」の公式取り扱いサイト「アウトドア&スポーツ ナチュラム 」です。

年始はかなりお得なセットアイテムを販売していたり、ちょくちょくセールがあったりと、確認しておきたいサイトです。

釣具も充実しているので、アウトドア全般のアイテムが揃います!

野遊びセットでお得にキャンプ道具を揃えよう!

JINS×Snow Peakコラボサングラスのロゴ

2022年新年早々のセールアイテム「野遊びセット」は、どれも20%前後通常価格よりお安くなって販売されます。

この機会に、お持ちでないキャンプ道具をお得に揃えてみてはいかがでしょうか!

今回発売されるスノーピークキャンプギアの通常アイテムはこちらから購入することができます!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

現在ハンドメイドアイテムのECサイトCreemaで「Ninjin Leather Factory」のもと発売中です。

よろしければこちらものぞいてみてください!

Creemaで探す!

Twitterをチェック!

インスタをチェック!

スノーピーク公式サイト

詳しくはコチラ

はこちら↓

Amazonのスノーピーク専用サイトはこちら↓

広告

キャンプだけでなく、災害時の備えに1つは持っておきたいJackeryのポータブル電源 は公式サイトでの購入がおすすめ!

 

  • この記事を書いた人

にんじん

デイキャンプをパートナーさんと楽しみながら、スノーピークのキャンプ道具や最新情報をブログ記事にしています。 スノーピーク好き、デイキャンプ好きの方に、特に役立つ情報を発信しようと日々頑張っています! レザークラフトも趣味で行っています。売れるグッズを作ろうと日々模索中。

-最新情報
-, , , ,

Copyright ©スノーピークが好き , All Rights Reserved.