記事のカテゴリー

スノーピークおしゃれ「アイボリーライン」のテント・シェルター・タープ全8種類徹底解説

収納したリビングシェルS

にんじん

デイキャンプをパートナーさんと楽しみながら、スノーピークのキャンプ道具や最新情報をブログ記事にしています。 スノーピーク好き、デイキャンプ好きの方に、特に役立つ情報を発信しようと日々頑張っています! レザークラフトも趣味で行っています。売れるグッズを作ろうと日々模索中。

スノーピークの中でもオールホワイトでおしゃれ雰囲気たっぷりの「アイボリーライン」の全8種類のアイテムをご紹介します。アイボリーラインでテントやタープを連結すれば、一体感ある大型キャンプサイトができあがります!スノーピークとはいえ、他の方となるべく被りたくない!という方に、アイボリーラインは特におすすめです。

この記事では、

スノーピークのテントでもなるべく人と被りたくない!
アイボリーラインと他のラインとの違いは?

といったことをメインにお答えしています。

スノーピークのテントやタープ類は、その機能性やデザインにより4つのラインに分かれています。その中でも、随一のおしゃれ感のあるライン「Ivory line(アイボリーライン)」についてご紹介します!

機能性だけでいえばPro.シリーズですが、見た目にもこだわったコットン地のような素材を使用していることが特徴です。

アイボリーラインのテントやタープは、価格も他のラインと比較しても高額な分類に入ります。

今回は、アイボリーラインの特徴をはじめ、アイボリーライン全てのキャンプ道具をまとめてご紹介します!

テント類は4つのカテゴリーに分類されている

スノーピークでは、テント、シェルター、タープを4つのカテゴリーに分類しており、それぞれの特徴からアイテムを選びやすくなっています。

それぞれの特徴をまとめてみました。

Entry line(エントリーライン)

エントリーラインはその名のとおり、キャンプにあまり慣れていない初心者の方でも購入しやすいようスノーピークのアイテムの中でもリーズナブルに設定されたテントやタープが多いことが特徴です。

また、テントとタープのセットアイテムも販売されているので、テントやタープをお持ちでない方でも迷うことなくそれぞれを連結して広々としたリビングと寝室スペースを確保できるようになっています。

テントやタープのカラーは、明るめのイエローがメインに統一されています。

価格がリーズナブルな分、テントの耐水圧は他のラインの比較すると若干低くなっていますが、それでも雨の中使用しても雨漏り等でテント内に雨が入ってこないよう、生地には様々な加工が施されています。

また、キャンプ初心者の方でもテントの設営がしやすいように、ポールの先端やポールを差し込む部分が色分けされているのも特徴です。1度設営すれば、2度目からは説明書なしでも簡単にテントを設営することができます。

エントリーラインで人気のテント「アメニティドーム」は、使用人数に応じてS、M、Lの 3サイズから選ぶことができます。

サイズが大きくなっても構造は変わらないため、設営のしやすさが変わらないのも嬉しいポイントです。

販売中のエントリーラインのテントはこちら↓(横にスクロールできます)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

販売中のエントリーラインのタープはこちら↓(横にスクロールできます)

販売中のエントリーラインのシェルターはこちら↓(横にスクロールできます)

 
 
 
 
 
 

Standard line(スタンダードライン)

キャンプにも少し慣れてきて、キャンプ道具も増えてきたときにレベルアップしたいのがスタンダードラインです。

テントのカラーは濃いブラウンになり、デザインも機能美を追求したおしゃれながら機能性に富んだテントやシェルターが特徴です。

テントだけでなく、タープやシェルターのラインナップが多いので、使用人数やキャンプスタイルに応じてカスタムしていく楽しみも増えてきます。

機能性が高まる分、価格もエントリーラインと比較すると高額になっています。

ソロキャンプにぴったりなテントとタープのセットアイテム「ヘキサイーズ1」をはじめ、3~4人で広々使えるシェルター「リビングシェル」等豊富なラインナップが魅力です。

販売中のスタンダードラインのテントはこちら↓(横にスクロールできます)

 
 
 
 
 
 

販売中のスタンダードラインのタープはこちら↓(横にスクロールできます)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

販売中のスタンダードラインのシェルターはこちら↓(横にスクロールできます)

 
 
 
 
 
 

Pro. line(プロライン)

プロラインは、スノーピークのテント・タープ・シェルターの中でも最高峰ラインとして位置付けられています。

スタンダードラインのテント等が単に大型化したわけではなく、プロライン独自のデザインが施されたテント類が数多くあります。

テント等の耐水性能の指標となる耐水圧も、プロラインは最低耐水圧10,000mm以上のものがほとんどなので、どんな天候でも安心してテント内で過ごすことができます。

カラーは、スタンダードラインと同様に濃いブラウンになっています。

特にテントは他のラインと比較して多いため、使用人数やキャンプスタイルに合わせて自分にぴったりのものを選ぶことができます。

また、機能性はそのままに、軽量化を図ったPro. air line(プロエアーライン)もあり、キャンプをはじめ、山行にも活躍してくれそうなテントが揃っています。

販売中のプロラインのテントはこちら↓(横にスクロールできます)

 
 
 
 
 
 
 
 

販売中のプロエアーラインのテントはこちら↓(横にスクロールできます)

 
 
 
 
 
 

販売中のプロラインのタープはこちら↓

販売中のプロラインのシェルターはこちら↓

Ivory line(アイボリーライン)

アイボリーラインは、プロラインのテントやタープの機能性や耐水性能はそのままに、全体がアイボリーカラーとなったカテゴリーです。

そのほかにも、ドックドームや焚き火ターブのように、アイボリーラインのみのラインナップもあります。

海外版スノーピークでは多くのアイボリーラインが発売されていますが、その中でも厳選されて国内で販売されています。

アイボリーラインの生地は、一見するとコットン生地のようにも見えますが、厚めのポリエステル生地となっています。

テント類の収納ケースもアイボリーカラーとなっているので、他のテント類と比較して特別感があります。また、雪峰祭では通常アイボリーカラーが発売されていないテント類が発売されることがあります。

販売中のアイボリーラインのテントはこちら↓

販売中のアイボリーラインのタープはこちら↓(横にスクロールできます)

 
 
 
 
 
 

販売中のアイボリーラインのシェルターはこちら↓(横にスクロールできます)

 
 
 
 
 
 
 
 

アイボリーラインのテント

ここからは、アイボリーラインのテント、タープ、シェルターのみをご紹介します。

アイボリーラインのテントは「ドックドームPro. 6 アイボリー」1種類のみ販売されています。

ドックドームPro. 6 アイボリー

ドックドーム Pro.6 アイボリーのデザイン

出典:スノーピーク公式サイト

ドックドーム Pro.6 アイボリーは、スノーピークから販売されているテントの中でも最大クラスのサイズです。

ドックドーム Pro.6 アイボリーは大人4人に加え、お子さん2名も眠れるほどのスペースがあります。また、高さも最大180cmあるので、お子さんをはじめ、大人でもテント内で立ち上がることができるほどの大型テントです。

ドックドーム Pro.6 アイボリーのフレームは、テント外側に位置する「アウトフレーム」構造のため、テント内は広く使うことができます。

購入された方のレビューを確認すると、1人でも20~30分ほどで設営できるようなので、サイズの割りに設営しやすいこともポイントです。

さらに、ドックドーム Pro.6 アイボリーの上部に取り付ける「ルーフシート」は標準で付属するのも嬉しいポイントです。ただし、ドックドーム Pro.6 アイボリー専用のグラどしーとやインナーマットはオプションで別売りされているので、使用時はこれらの購入も検討する必要があり、ドックドーム Pro.6 アイボリーと合わせて20万円前後となる点はあらかじめ確認しておきましょう。

ドックドーム Pro.6 アイボリーのスペック

  • 使用時サイズ:インナーテント/300×300×155(h)cm、本体/490×325×180(h)cm
  • 重量:13.5kg
  • 収納時サイズ:70×32×28(h)cm
  • セット内容:テント本体、ルーフシート、本体フレーム(×4)、前室フレーム(×1)、ジュラルミンペグ(×20)、自在付ロープ(2.5m×6、2m×2)、シームグリップ剤、リペアパイプ、キャリーバッグ、フレームケース、ペグケース
  • 対応人数:6名
  • 室内高:155cm
  • フライ耐水圧ミニマム値:1,800mm
  • ボトム耐水圧ミニマム値:10,000mm
  • 材質:フライシート/75Dポリエステルタフタ・P Uコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工、ルーフシート/75Dポリエステルタフタ・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・UVカット加工、インナーウォール/75Dポリエステルリップストップ、ボトム/300Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧10,000mmミニマム、フレーム/ジュラルミンA7001(φ11mm) 
  • インナーテントサイズ:300×300×155(h)cm 
  • キャリーバッグサイズ:70×32×28(h)cm
  • 価格:174,900円(税込)

ドックドーム Pro.6 アイボリー及びシート類はこちら↓(横にスクロールできます)

 
 
 
 
 

アイボリーラインのタープ

アイボリーラインのタープは、TAKIBIタープオクタ、TAKIBIタープオクタ インナールーフ、ランドステーションL アイボリー、HDタープ ヘキサエヴォPro. アイボリーの4種類が販売されています。

TAKIBIタープ オクタ

AKIBIタープ オクタのデザイン

出典:スノーピーク公式サイト

スノーピークのテント類の中でも珍しい難燃性生地を使用したインナールーフがセットになった大型タープです。

大型タープのため、雨の日でもタープ下で焚き火を楽しむことができます。

また、タープの形は変形八角形と特殊ですが、その分アレンジがしやすいのもポイントです。

タープがインナールーフを含めて二重構造になっているため、夏場でも日差しをしっかりとシャットアウトしてくれます。

インナールーフは付属してきますが、推奨されている280cmのポールは付属してきませんので、追加購入する必要があります。

TAKIBIタープ オクタのスペック

  • 使用時サイズ:510×450×280(h)cm
  • 重量:8.9kg
  • 収納時サイズ:83×25×26(h)cm
  • セット内容:タープ本体、インナールーフ、自在付ロープ(二又用10m×2、二又用7m×2、3m×4、2m×4)、キャリーバッグ、ポールケース、ペグケース
  • 材質:タープ本体/210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工、インナールーフ/ポリエステル・コットン混紡 
  • 対応人数:6~8名
  • 価格:76,780円(税込)

TAKIBIタープ オクタとオプションはこちら↓(横にスクロールできます)

 
 
 
 
 
 

ランドステーションL アイボリー

ランドステーションL アイボリーのデザイン

出典:スノーピーク公式サイト

ランドステーションL アイボリーは、2本のポールで設営することができるシェルター型のタープです。

最低210cmのポール2本で設営できますが、さらにポールを追加することで色々なアレンジが楽しめるのも特徴です。

また、強い日差しでも快適に過ごせるようインナールーフが付属してくるのもポイントです。

ただし、TAKIBIタープに付属するインナールーフとは異なり、難燃性生地ではないため焚き火を行う際は注意が必要です。

ランドステーションL アイボリーのスペック

  • 使用時サイズ:885×510×210(h)cm
  • 重量:8.9Kg
  • 収納時サイズ:76×28×33(h)cm
  • セット内容:タープ本体、インナールーフ、ルーフテープ、自在付2又用ロープ長(×2)、自在付2又用ロープ短(×2)、自在付ロープ(×4)、ポールケース、ペグケース、キャリーバッグ
  • 対応人数:クローズ/6名、オープン/8名
  • 耐水圧ミニマム値:1,800mm
  • 材質:本体/150Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・UVカット加工・テフロン撥水加工、インナールーフ/68Dポリエステルタフタ

ランドステーションL アイボリーと、設営に必要なウイングポール210cmはこちら↓
(横にスクロールできます)

 
 
 
 

HDタープ ヘキサエヴォPro. アイボリー

HDタープ ヘキサエヴォ Pro.アイボリーのデザイン

出典:スノーピーク公式サイト

アイボリーラインのテントを使うなら、同じアイボリーラインのタープやシェルターを使いたいところです。

HDタープ ヘキサエヴォ Pro.アイボリーは、設営時920cm×1,160cmにもなる大型のタープです。

HDタープ ヘキサエヴォ Pro.アイボリーは大型ではありますが、設営には最低280cmのポールが2本あれば良いため、設営方法は他のタープとそう変わらないのがポイントです。

HDタープ ヘキサエヴォ Pro.アイボリーにも専用のインナールーフが付属するので、夏場でもしっかりと濃い影を作ることで快適に過ごすことができます。

HDタープ ヘキサエヴォ Pro.アイボリーのスペック

  • 使用時サイズ:920×1,160cm
  • 重量:5.3kg
  • 収納時サイズ:80×20×20(h)cm
  • セット内容:タープ本体、インナールーフ、自在付二又ロープ(×2)、自在付ロープ(×6)、キャリーバッグ、ポールケース、ペグケース
  • 対応人数:6名
  • 耐水圧ミニマム値:1,800mm
  • 価格:54,780円(税込)
 
 
 
 

アイボリーラインのシェルター

スノーピークのアイボリーラインのシェルターは、「ランドロックアイボリー」、「リビングシェルロングPro. アイボリー」、「スピアヘッドPro. M」、「スピアヘッドPro. L」の4種類が発売されています。

ランドロックアイボリー

ランドロックアイボリーのデザイン

出典:スノーピーク公式サイト

ランドロックアイボリーは、スタンダードシリーズのランドロックのアイボリーバージョンです。

付属するインナールームを使用しても、ファミリーキャンプでは十分にリビングとして使用できるほどの前室が確保できるのが特徴です。

天井高は190cmほどあるので、大人でもシェルター内で立ち上がることができるので、快適に過ごすことができます。出入り口をはじめ、側面の多くがメッシュ生地になっているので、夏場でも風通しが良いのも嬉しいポイントです。

オプションのアップライトポールセットを使用すれば、出入り斑を跳ね上げることができ、さらに快適に過ごすことができます。

ランドロックアイボリーのスペック

  • 使用時サイズ:625×405×205(h)cm
  • 重量:24.5kg(フレーム・ペグ・ロープ含む)
  • セット内容:本体、インナールーム、ルーフシート、Aフレーム(×2)、Cフレーム(×2)、センターフレーム、リッジポール、ジュラルミンペグ(21cm×27)、自在付ロープ(1.5m×2、2.5m×4、3.5m×6)、シームグリップ剤、ペグケース、フレームキャリーバッグ、キャリーバッグ、コンプレッションベルト(×2)
  • 材質:本体/150Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム(ルーフ部)・UVカット加工・テフロン撥水加工・150Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム(ウォール部)・UVカット加工・テフロン撥水加工・フレーム/A6061(φ19mm)、インナールーム/68Dポリエステルタフタ(ウォール)・210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム(ボトム)、ルーフシート/75Dポリエステルタフタ・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・UVカット加工・テフロン撥水加工
  • 対応人数:6名
  • 価格:185,900円(税込)
 
 
 
 
 
 
 
 

リビングシェルロングPro. アイボリー

リビングシェルロング Pro. アイボリーのデザイン

画像:スノーピーク公式サイト

リビングシェルロング Pro. アイボリーは、大型シェルター「リビングシェルロングPro.」のアイボリーバージョンです。

通常カラーのリビングシェルロングPro.ではオプションだったルーフシートが、アイボリーカラーとなって付属しています。

出入り口をはじめ、側面のほとんどの部分がメッシュになっているので、夏でも風通しが良く快適に過ごすことができます。

大きな出入り口のほかに、側面も出入り口にすることができるので、使い勝手が良いのも嬉しいポイントです。

リビングシェルロング Pro. アイボリーのスペック

  • 使用時サイズ:530×415×220(h) m
  • 重量:20.2kg
  • 収納時サイズ:84×30×37(h)cm
  • セット内容:本体、ルーフシート、Aフレーム(×2)、リッジポール(×1)、Cフレーム(×2)、テントフレーム(×1)、アップライトポール(190cm×2)、ジュラルミンペグ(21cm×26)、自在付きロープ(二又用7m×2、3.5m×4、リング付2m×4)、シームグリップ剤、キャリーバッグ、フレームケース、ペグケース
  • 材質:ルーフ部/150Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・UVカット加工・テフロン撥水加工、ウォール部/150Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・UVカット加工・テフロン撥水加工、マッドスカート/210Dポリエステルオックス・PUコーティング、ルーフシート/75Dポリエステルタフタ・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・UVカット加工・テフロン撥水加工、フレーム/A6061(φ16mm、φ19mm) 
  • 対応人数:6名
  • 価格:201,300円(税込)

スピアヘッドPro. M / L

スピアヘッド Pro.Mのデザイン

出典:スノーピーク公式サイト

スピアヘッド Pro.Mは、ワンポールテントのようにシェルター中心部にポールを立てて設営します。

一般的なワンポールテントは、テント中心部は高さがあるのですが、テント周辺分はどうしても高さが低く、デッドスペースになりがちでした。

スピアヘッド Pro.Mはそんなワンポールテントの弱点を、側面にサイドフレームを使用することでデッドスペースを減らし、快適性を向上させたシェルターです。

オプションの大型のインナーテントを使用すれば、テント内で快適に寝ることができます。

スピアヘッド Pro.Mは2張り、3張りと連結することが可能で、ファミリーキャンプやグループキャンプでスピアヘッドをつなげて巨大なシェルターとして使うこともできるようになっています。

スピアヘッドにはMサイズとLサイズがあり、それぞれにオプションでインナーテントが販売されています。

スピアヘッド Pro.Mのスペック

  • 重量:13.5kg
  • 使用時サイズ:590×500×260(h)cm
  • 収納時サイズ:82×30×34(h)cm
  • セット内容:タープ本体、フレーム長(×3)、フレーム短(×3)、ポール(×1)、ジュラルミンペグ(×33)、自在付ロープ(3m×6、2.5×6、2m×6)、キャリーバッグ、ポールケース、ペグケース
  • 材質:本体/210Dポリエステルオックス、PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン加工、UV加工、フレーム/ジュラルミンA7001(φ9.5、φ11mm)、ポール/A6061(φ32mm)
  • 対応人数:6名
  • 室内高:約260cm
  • フライ耐水圧ミニマム値:1,800mm
  • ボトム耐水圧ミニマム値:1,800mm
  • 価格:140,800円(税込)

スピアヘッドPro. Lのスペック

  • 重量:16kg
  • 収納サイズ:87×33×38(h)cm
  • セット内容:タープ本体、フレーム長(×3)、フレーム短(×3)、ポール(×1)、ジュラルミンペグ(×33)、自在付ロープ(3m×6、2.5×6、2m×6)、キャリーバッグ、ポールケース、ペグケース
  • 材質:本体/210Dポリエステルオックス、PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン加工、UV加工、フレーム/ジュラルミンA7001(φ11mm)、ポール/A6061(φ34mm) 
  • 対応人数:8名
  • 室内高:約280cm
  • フライ耐水圧ミニマム値:1,500mm
  • ボトム耐水圧ミニマム値:1,500mm
  • 価格:173,800円(税込)
 
 
 
 
 
 
 
 

アイボリーラインでおしゃれキャンプを

カラーリングのみ異なるシェルターから、アイボリーライン専用のアイテムまで、多くの大型テント類が魅力のアイボリーライン!

スノーピークのキャンプ道具は他の方と被りやすいので、なるべく被らないテント類を使いたい!という方にもおすすめです。

ぜひチェックしてみてください!

今回ご紹介したキャンプ道具はこちら↓

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  1.  
     
     
     
     
     
 
 
 
 
 
 
 
 
  • この記事を書いた人

にんじん

デイキャンプをパートナーさんと楽しみながら、スノーピークのキャンプ道具や最新情報をブログ記事にしています。 スノーピーク好き、デイキャンプ好きの方に、特に役立つ情報を発信しようと日々頑張っています! レザークラフトも趣味で行っています。売れるグッズを作ろうと日々模索中。

Copyright ©スノーピークが好き , All Rights Reserved.