小物類

【購入レビュー】デイキャンプで使ってみたスノーピーク「ステンジャグ」

ステンジャグでマグに水を注ぐ

水場が整っていないキャンプ場(公園)でのデイキャンプで、スノーピークの「ステンジャグ」を使ってみました。実際にデイキャンプで使ってみた感想も交え、ジャグの必要性についてもまとめてみましたので、ジャグの購入を考えていらっしゃる方に参考になれば嬉しいです。

この記事では、

デイキャンプにジャグは必要?

ステンジャグの特徴は?

といった疑問にお答えしています。

先日購入したスノーピークの「ステンジャグ」を、実際にデイキャンプで使ってみました。

その時に感じたジャグの必要性も含め、ステンジャグのレビューをしてみます。

使うとわかるジャグの便利さ

私はパートナーさんとのデュオデイキャンプを2年近く楽しんでいます

今までキャンプ場を始め、デイキャンプ可能な公園等でデイキャンプをしてきました。

幸いにもどこにも水場や炊事場がある場所だったため、洗い物をすることはできました。

しかし、公園の中には水道も小さく使い勝手の悪い場所もあります。

また、特に冬場は暖かいテントでのんびりしたいものです。また、どうしてもキャンプでは遠い炊事場へ何度も手を洗いに行くこともないのが現状でした。

そんな中導入してみたのが、スノーピークのステンジャグでした。

料理や食事前に手を洗うようになります

まず感じたのが、「手をよく洗うようになった」という点です。

今まで炊事場やトイレまで行って手を洗っていましたが、中々頻繁には行かなかったのが正直なところです。

ジャグがあればすぐに手を洗えるので、より衛生的にキャンプを楽しむことができます。

特に、キャンプは屋外で料理や食事をするので、コロナ禍ということもあり、ジャグの必要性は大きいかと思います。

最高に使い勝手の良い洗い場となります

次に、洗い物用のシンクとしても十分に使えると感じました。

特に、洗い場が整備されていないデイキャンプ可能な公園では、水道の使い勝手が悪い場所もあります。

ジャグがあれば自分の好みの高さに蛇口を合わせられますし、水うけのバケツを用意すればどこでも洗い物ができるのでかなり便利でした。

私は1度ジャグを使ってしまったので、これからのデイキャンプでは毎回使うことになると思います。それほど使い勝手は良いと感じました。

ちなみに、水うけのバケツにぴったりの防水ボックスがスノーピークから発売されています。

ジャンボキャンプシンク」はその名のとおり、シンクにもなる円形の防水バッグです。洗い物を入れたり、キャンプギアの収納バッグとしてももちろん使えます。

可愛らしいデザインのオールステンレスのジャグ

スノーピークのステンジャグは、名前のとおり本体はステンレス製のジャグです。

本体上部にはゴムパッキン付きのフタがついているので、しっかりと閉めれば水が漏れ出る心配もありません

また、本体上部には持ち手が2箇所ついています。

ジャグに水を入れると結構な重量になります。

ステンジャグの容量は15Lなので、満タンに入れるとジャグ本体の重量も合わせて18kgほどになります。両手でしっかりと持てる取っ手は、使い勝手も良いですし、デザインのアクセントにもなっています。

ステンジャグの内部には蛇口の部分に少し出っ張りがありますが、それ以外は突起もなく、凹凸もないので洗いやすく、ステンジャグを衛生的に保つことも容易です。

蛇口はコック式で出し続けることも可能

蛇口は捻るだけの簡単構造で使いやすいです。

また、コックは捻り続ける必要がないので、水を出すのに手が塞がらないので使い勝手も良かったです。

専用の脚も付属します

ステンジャグには、木製の脚も2つセットになっています。クロスして組み合わせると、安定してジャグをおくことができます。

スタンドは長さ22cmほどで、高さは14.5cmほどです。

脚にジャグ本体をセットすると、高さは上の写真のようになります。

マグに水を入れる分にはちょうど良い高さになるので、かなり便利な脚でした。

15Lの容量の使い勝手は?

スノーピークのステンジャグの容量は15Lです。

食器の量にもよりますが、デュオデイキャンプであれば、食器もお皿、マグ、箸2つずつであれば十分な量でした。

私たちはこれに加え、スノーピークのフィールドコーヒーマスターも使ったので、全部を洗うことはできませんでした。

その前に実験的に水を使ったり手を洗っていたりしたので、15Lだと1回の食事分でギリギリといった印象です。

15Lも使うとバケツにも水が溜まってくる頃だと思うので、食事を終えたら水をかえ、バケツの水も捨てに行くことをおすすめします。

ステンジャグのスペックはこちら

画像:スノーピーク公式サイトより引用
  • 商品名:ステンジャグ
  • 型番:UG-330
  • サイズ:本体/Φ285×315(h)㎜、スタンド/220×220×145(h)㎜
  • 重量:2.89kg(スタンド含む)
  • スタンド収納サイズ:295×40×145㎜
  • セット内容:本体、スタンド
  • 材質:本体/ステンレス、シリコーンゴム、スタンド/天然木 
  • 容量:15L
  • 価格:34,800円(税別)

ステンジャグはデイキャンプにおすすめ

ステンジャグはデイキャンプでも手を洗ったり洗い物をするのにおすすめのキャンプギアです。

ペットボトルでは手が塞がってしまいますし、何よりキャンプサイトで生活感が出てしまします。

私の感じたステンジャグの特徴は以下のとおりです。

  • 手洗いをいつでもできるので衛生的
  • おしゃれなデザイン
  • 水量調節可能なコック式の蛇口
  • マグへの給水にちょうど良い高さになる脚がセットになっている
  • 内部も洗いやすいので衛生的
  • 収納袋が付属しない
  • コックが出っ張るので収納場所を選ぶ

他メーカーからも多くのジャグが販売されています。

最近は、インドのMINTAGEのジャグが有名です。しかし、販売サイトによっては同じ製品でも蛇口の構造が違っていたり、蛇口取り付け用のネジが曲がっていたりと、品質に問題があるものもあるようです。

直接口に運ぶ水なので、やはり品質は気になるところかと思います。

スノーピークのステンジャグは公式サイトでは在庫切れのことも多いですが、品質に不満はありません

特にデイキャンプをされる方やソロやデュオキャンプをされる方で、キャンプでの衛生面が気になる方や洗い物を快適に行いたいという方に、スノーピークのステンジャグはおすすめです。

Amazonのスノーピーク専用サイトはこちら

スノーピーク以外のキャンプギアの総合情報サイト「にんじんキャンプブログ」はこちら↓

にんじんキャンプブログこちら

スノピ好きデイキャンパー
にんじん
パートナーさんとのデイキャンプを中心に楽しんでいます。 スノピギアが増えてきたので、せっかくなのでこれまでの知識や感想を皆さんにお伝えして、購入の参考になればと思っています。
\ Follow me /
RELATED POST